2017年11月28日

三浦半島ライド:自転車で20年ぶりくらいに城ヶ島まで走ってきた

10月に2回にわたる天候不良でお預けを喰らった三浦半島ライド。三度目の正直ということで、11月12日にようやく走ることができました。今回は三浦半島ライドの後編をお伝えします。前編はこちら。

10度以下でしばれるような気温の中、最寄り駅まで自転車を走らせて、いよいよ輪行開始。ところで輪行って結構気を使いますよね。単純にデカイ荷物を電車内に持ち込むわけで、置き場所が重要ですし、混んでいる車内では持ち込むこと自体が厳しいこともある。

001.jpg

002.jpg
▲最寄り駅まで自走して輪行準備!

うちは西武池袋線沿線の西東京市民なのですが、神奈川方面に行くとするとネックになるのが山手線。時間にもよりますが、基本的には混んでいますのでなるべく避けたい。というわけで自分がとった路線は、東急線直通の副都心線で横浜まで行き、横浜から京急というものでした。

電車に一旦乗れてしまえば後は気が楽



輪行する際のベストポジションは一番前か一番後ろ。一番前はキッズたちが外を見たがる可能性もあるので、一番後ろがいいんじゃないでしょうか。

003.jpg

他の乗客がぶつかる可能性もあるので、自転車のそばでスマホでも見ながら目的地まで立ち続けるのがベストかと思います。

しかし今回、京急に乗ってからその戦法が使えないということもわかりました。車掌さんの前に席が設置されている車両がほとんどなのです。この場合、一番後ろそばにある車イス用スペースに置くしかありません。できれば、連結部側にある補助席の前に置くのがいいのではないかと思いました。

005.jpg
▲これは帰りの写真ですが、このように両側にシートがあるので自転車を置いてしまうと人が入れません。

横須賀中央〜観音崎ライド



前回の日記でも書いたように、今回は横須賀中央からの出発となりました。横須賀中央は幼い頃から何百回と来ていたホームタウンですが、一言で言えば田舎の都会。京急沿線の若者はみんな横須賀中央に来て遊びます。横須賀中央で足りない物がある時は横浜まで出る。そんな街です。

ここからまず海岸線沿いの道を通って観音崎を目指します。観音崎は東京湾の入り口である浦賀水道に面した岬で、横浜の税関に入るタンカーは必ずここを通ります。というわけで1日中タンカーを見ることができる、まさにタンカー好きにはたまらないポイントです。うちの嫁がそうなんですけど。

006.jpg
▲観音崎で浦賀水道を眺めながら記念撮影!

と、ここで記念撮影などをしていると、なんかローディの集団が現れました。どうやらワイズロードのサンデーライドのツアーっぽい。サポートトラックがいて、何かあったときに対処してくれるみたいですね。

25年ぶりくらいに乗った浦賀の渡し船



観音崎からたたら浜を抜けて、次に向かったのは浦賀。ここでの目的は渡し船(昔はポンポン船とかって言ってました)に乗ることです。

007.jpg

僕は小学校3年生から大学1年まで浦賀で育ちましたので、もちろんこの渡し船には何度か乗ったことがあります。でも40歳近くなってまた乗ることになるとは思いませんでしたね〜。しかも自転車も乗せて!

同乗したおばちゃんの話を聞きつつ、3分ほどで東岸から西岸へ。ここからまた海岸線に沿って走り、久里浜のペリー公園、フェリー乗り場を越えて……は行かずに右折して尻こすり坂を目指します。本当は海岸沿いに野比海岸に出て、そのまま南下するのがいいのですが、尻こすり坂をわざわざ登るのはある目的があったからなのです。

それはパン屋「zacro」で美味しいパンを食べるため!

ハイランド、それは高台



そんなパン屋「zacro」はハイランドと地名がついている場所にあります。実は日本で初めてカタカナの地名がついた住所なんですよ。しかし、僕は当初、この案には難色を示しました。「確かハイランドの坂ってクッソきつかったよな……」、そうなんです、入り口の坂がどこもきついんです。

しかしとりあえず行ってみようという話になり、いざ現地に着くと……まぁまぁヘビーな坂がお出迎えをしてくれました。一応、迂回路もすぐ左にあるんですが、迂回路は入り口が本来のルートよりもきつい。

008.jpg
▲少しわかりにくいかもしれませんが、結構な斜度の坂が待ち受けていました。

我々もロード乗りですから、とりあえず登ってみました……ギアを温存する余裕もなく、初っ端からインナーローで登っていく。距離は短いのでこの坂もすぐに終わるはず、と思った矢先に待ち受けていたのは斜度10%は余裕で越えていそうな坂! ルートラボで見たところ平均斜度11.5%とかになっていました。

そうしてたどり着いたzacroのパンは、とても甘くて疲れた体へのエネルギーとなりました。自転車を止めるところを案内してくれたおじさんもとても優しくて、次は車で来たいと思いましたね!

009.jpg

010.jpg

亜美ちゃん坂を越えた後にある絶景



必死こいて登ってきた坂をあっという間に降りた後は、左手に海をずっと眺めながら三浦海岸方面へと走ります。しばらく走ると見えてくるのが、マンガ「ろんぐらいだぁす!」でもおなじみの「亜美ちゃん坂」。距離は500mくらいですが、平均斜度は6%ということで、初心者にとってはなかなか厳しい坂ですね。

でもその坂の頂点付近にあるデイリーヤマザキから見える景色は格別ですよ。ここのデイリーヤマザキはサイクルラックもあるし、店内ではチューブなども売っているみたいなので、自転車乗りにはありがたいコンビニですね。

011.jpg

しかし、横須賀中央から三浦半島を走り始めて感じたのは、同じように三浦半島を走っているロードバイクが多いこと! もしかしたらママチャリよりもロードバイクの方を多く見たかもしれません。

亜美ちゃん坂を越えた後もまだまだ坂は続きます。風車のある宮川公園の前にも亜美ちゃん坂と同じく斜度6%ほどの坂があります。三浦海岸から城ヶ島にかけては、この2つの坂が2強って感じですかね〜。

012.jpg

ここでまた観音崎で会ったワイズロード軍団と再会。特に会話とかはしてないですけどね。それにしても結構な人数でしたわあ。

013.jpg

この後は一度城ヶ島まで行ってみたものの、特に何かをするわけでもなくUターンをして、お昼ご飯の目的地である「豊魚」へ。

014.jpg
▲城ヶ島の岸壁での1コマ

015.jpg
▲豊魚では鉄火丼をいただきました。

この日撮った写真を見返してみて思ったのですが、ポイントとなる写真を撮らなすぎでしたね。zacroでは食べたパンの写真を撮り忘れ、豊魚ではお店の写真を撮り忘れる。次回の課題としましょう。と、言いつつ、次回サイクリングでも撮り忘れた写真だらけだったんですが……。

ご飯を食べた後は葉山方面に抜けていく予定だったのですが、ちょっと時間の都合もあってここから三崎口駅に向かって、帰ることになりました。

僕はそのままみんなと帰るのではなく、母の家に立ち寄ってすこし会話をしつつ、帰路につきました。帰りも横浜まで京急で行き、副都心線で帰る方向だったのですが、来た電車が和光市行きだったので、そのまま和光市まで行って残りは自転車に乗ることに。

017.jpg

018.jpg
▲和光市に着いたら輪行を解いて帰宅準備!

普通の旅行と違って、行きと帰りの道が違っていても帰れるのが自転車ツーリングのいいところだな〜って思いました。次回のツーリングは高尾〜大垂水峠〜相模湖〜橋本になります!
posted by メガトンメガネ at 22:00| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

11月の三浦半島サイクリングに向けて用意したもの&服装

11月12日(日)、ようやく三浦半島を自転車で走ることができました。実際に走りに行けるまでが長かった……。

001.jpg
▲亜美ちゃん坂を越えたあたりにあるコンビニからの景色。

9月頃、荒川を北上して榎本牧場に行こうぜという計画を立てるも、雨で中止。10月に三浦半島に行こうぜという計画を立てるも、雨で延期。そしてさらに雨で延期。なんか、10月は全部の土日が雨だったみたいですよ? サイクリストいじめか。

スケジュールの都合もあって、もうこの日を逃したら今年は三浦半島には行けない、というタイミングでのサイクリングになりました。

三浦半島は、自分が生まれ育ったいわゆる故郷です。横須賀中央の近くにある横須賀共済病院にて、この世に生を受けた僕は、記憶にある限りでは森崎、不入斗(いりやまず)、浦賀でそれぞれ学生生活を過ごし、大学時代に米が浜、汐入と移り住んできました。

002.jpg
▲約30年前まで住んでいた不入斗の自宅付近に、今年の7月に行ってみました。完全に山の上ですわ。

小学生〜高校生の頃はブリヂストンのロードマンに乗って、浦賀から城ヶ島に行ったり、江ノ島まで行ったりしたもんでした。それが20年以上経って、また自転車で走ることになるとは思いもよりませんでしたね。

三浦半島サイクリングにはスタート地点が色々とあって、JR逗子駅から、JR横須賀駅から、京急横須賀中央駅から、京急浦賀駅からとあります。浦賀駅スタートはマンガ「ろんぐらいだぁす!」1巻でもやっていましたね。ただ、今回は京急の横須賀中央駅に集合しました。

「ろんぐらいだぁす!」での三浦半島一周はこちらをご参照ください。

JR逗子駅スタートはガチで一周をする場合のスタート地点。ただ、逗子スタートだとどうしても国道16号を通る必要があって、車の通りが激しい道なので精神的にすり減りそうなんですよね。

JR横須賀駅スタートはヴェルニー公園や三笠公園にも立ち寄れるルート。問題は横須賀駅まで行く横須賀線の本数が少ないということ。横須賀中央スタートは可もなく不可もなく。浦賀駅スタートは、距離が短くなるのと観音崎を通らないので立ち寄るポイントが減ります。が、最初は浦賀駅もしくは久里浜駅スタートがいいかもしれません。

003.JPG
▲三笠公園は横須賀中央駅から徒歩10分ほどで行くことができます。今回は割愛。

実際のライドの様子は次回にまわすとして、今回は三浦半島サイクリングに向けた準備編として書いていきます。

初めて輪行袋に自転車を入れて電車に乗ったよ



夏前にモンベルのコンパクトリンコウバッグを買ったものの、実際に輪行をするのは今回が初めてでした。輪行袋に入れること自体は自宅で何度か練習をしていたのですが、問題として思っていたのは自転車を輪行している時に荷物や服装をどうするか、ということ。

まず第1に、ビンディングシューズを履いたまま自転車を持って、街中を歩ける気がしない。第2に、自転車に乗っている最中にリュックをあまり背負いたくない。第3にレーパンで電車に乗るのにちょっと抵抗がある。

このあたりを解消するためにまず導入したアイテムが「トピーク バックローダー 6L」という、大きめのサドルバッグでした。輪行中は荷物を入れた折りたためるリュックを背負って、ライド中はそれらをこのバックローダーの中に入れておくってわけ。

004.JPG
▲トピークの大きめサドルバッグ「バックローダー 6L」。もう1つ大きめのサイズで10Lがありますが、10Lだと輪行には完全にオーバースペックです。

次に輪行中に履いておく靴として買ったのが、Teslaという韓国メーカーのベアフットシューズ「BARETREK」(2000円ちょい)。折りたためて小さくできる靴です。自分のGTRSLのペダルはTIME製で表面がフラットなので普通の靴でも乗れなくはないのですが、やっぱりビンディングシューズで走りたいので、2つの靴を持っていきました。

005.jpg
▲Amazon.co.jpで購入したBARETREK。開いてしまうので、小さくたたんでおけるゴムなども一緒に持っていったほうがいいかもですね。

そして輪行中に電車の中で履くズボン。これにはなかなか迷走しました。候補としてはレーパンの上に履くハーフパンツ、お尻の生地が厚めでサイクリングにも使えるカジュアルズボンの2つ。

前者は生地が薄くてライド中は畳んでバッグに入れておけるもの、後者はモンベルのツーリングニッカとか、リンプロジェクトのストレッチサイクルパンツとか、レーパンじゃないけど自転車に乗るのに適したズボンといったもの。一時期、ズボンに心が傾いていたのですが、先日さいたまクリテリウムに併設されたサイクルフェスタでイオンバイクのハーフパンツ(500円)を見つけたため、ズボンの線はなくなりました。

でもそのうちカジュアルサイクリングズボンも買ってみたいな。

これで一通りの荷物が揃いました。あとはきちんと運用できるかどうか、実際にやってみるだけ……と思いましたが、次にまた問題が生じました。

そして始まるサイクルウェア沼



ここで生じた問題というのは「もう気温がそこそこ低くて寒い」ということ。11月に入ってくると、さすがに夏用装備に毛が生えたような衣類では、寒くて仕方がありません。常に動いている脚はとにかく、上半身は動かないので寒い。

というわけで冬のライドを見越して買ったのが、le coq Sportif(ルコックスポルティフ)のテクノブレン3Lジャケット。定価は18500円+税とちょい高めですが、Amazonで割引+20%引きクーポンで、13000円くらいで買えました。5度〜10度くらいの寒さで着るジャージなので、今週末の大垂水峠サイクリングで使う予定です。

しかし、三浦半島ライドは11月初旬の話。冬用を買ったもののまだまだ暑かろうということで、追加でジャージを購入。とはいえ、同じランクの長袖ジャージを買い増しするのは厳しいので、中国メーカーのSanticの長袖ジャージ(4000円ちょい)を購入。

006.jpg
▲左からdnbの反射ベスト、パールイズミの夏用半袖ジャージ、Santicの秋冬用長袖ジャージ、ルコックの冬用長袖ジャージ。

そして、夏用の指空きグローブではもう指先が動かなくなるほど冷えてしまうので、Shimanoのアーリーウィンターグローブ(4000円くらい)を購入。厳しい冷えには持たなそうですが、年内はきっとこれとインナーグローブだけでも大丈夫なはず……。

007.jpg
▲Shimano アーリーウィンターグローブ(左)と、モンベルのジオライン Light Weight インナーグローブ(右)

この記事を見ている人は、欲望のままにウェアを買い増していると思う方もいるかもしれません。でもそうじゃないんです。これらは買わないと自転車に乗れないっていうレベルなんです。必要経費なんです。そうなんです。

というわけで、11月初〜中旬の三浦半島ライドに使用したウェア類は以下の通り。

・Santic 長袖ジャージ
・おたふく手袋 保温 ボディータフネス(インナーシャツ)
・Shimano アーリーウィンターグローブ
・おたふく手袋 保温 コンプレッション(インナータイツ)
・パールイズミ コンフォートパンツ
・適当な靴下

当日の気温は最高気温17度くらいで、秋としてはいい感じの気候。坂を登っている最中は汗をかなりかきましたが、汗冷えも感じずに乗り切れました。

今までスポーツサイクルに乗るという意識がなかったので、どんなレベルの服装(重ね着)をすればいいのかわからなかったのですが、ちょっとずつ経験値が貯まってきている気がします。

次回は実際のライドについて書いていきます。
posted by メガトンメガネ at 21:47| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ロードバイクのホイールアップグレードについて

車でも自転車でも同じですが、自分の車を手に入れたら最初に考えることは、いかに自分仕様にしていくかっていうことだと思うんですよね。

現在の自分のGTRSLの状況は、105完成車の仕様からタイヤをコンチネンタル「Grand Prix 4000S II 25C」に、サドルを「Prologo Nago CPC」に変更しているくらいで、基本的には完成車そのままです。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0122.jpg
▲タイヤは純正のヴィットリア「ザフィーロ」から納車時に交換。

この状態から次にどのパーツを変更するかと言えば、やっぱりホイールしかないんじゃないかなと思うんですよね。そうですよね。

いま使用しているホイールはShimano「WH-RS010」。10〜30万円台のロードバイクの完成車に愛用されている、いわゆる純正仕様のホイールです。重量は1800g後半と、すごく重いとは言いがたいけど、やっぱりここからアップグレードしたいじゃないですか。

RS010.JPG
▲ホイールはみんなが通る道「RS010」。

というわけで、実際に変えるとしてもまだまだ先なんですが、現時点で欲しい&気になっているホイールを列挙してみたいと思います。

ド定番の第一候補
カンパニョーロ ゾンダ


zonda.jpg

ロードにちょっとハマりはじめた人がまず真っ先に考えるホイールアップグレード先、それがカンパニョーロ ゾンダ。まず何がいいって、前後合計1500g台と純正と比べるとかなりの軽量化になるうえに、海外通販で買えば5万円以下というお買い得プライス。名前がかっこいい。ZONDA。G3組と言われるリアホイールのスポークもかっこいい。

名前はともかくとして、ちょっといいホイールが欲しいとなった時の第一候補がこのゾンダですよね。ただ、賛否両論あるのがペダルを止めた時に鳴り響くフリーハブのラチェット音。純正と比べるとかなり爆音ですので、歩行者や他のローディたちに与える影響が心配されます。

→カンパニョーロ ゾンダ商品ページ(Wiggle)

ゾンダの対抗馬
フルクラム レーシング3


racing3.jpg

ゾンダを基準とすると、その対抗馬となるのがフルクラム「レーシング3」。フルクラムはカンパニョーロの子会社で、カンパとは異なる味付けがされているのが特徴ですね。その特徴は基本的に剛性が高くて硬いというもの。硬いゆえに足への負担が大きく、足の消耗が激しい(らしいです)。

このあたりはやはりレーシングという名前らしさでしょうか。キビキビとしたドライビングプレジャーはゾンダよりも上だと思うのですが、現時点でも無駄に踏み込んでしまって足がすっかり終わるという状況が多発しているので、レーシング3にしたら持久力が足りなくなってしまうのではないかと思っているんですよね。あと、ラチェット音もカンパと同様に大きいみたいです。

→フルクラム レーシング3商品ページ(Wiggle)

その他にもShimano「RS81 C24」や、上記のホイールよりさらに上のランクになるカンパニョーロ「ニュートロン」、フルクラム「レーシングゼロ」なんかも注目はしていますが、5万円あたりのランクでいまのところは十分かなという気もしています。

それか、ちょっと変わり種としてALEXRIMSの「ALX473」とかね。4万円台で1400gと軽量ですが、体重制限があるっぽいですね。

→「ALX473」商品情報

まずは自分がどういう用途で自転車を乗っていきたいのか、というのを考える必要があると思うんですよね。レースに出るわけでもないので(現時点では)、それほどカチカチでビュンビュン進むホイールは必要ないと思うし、やはり適度な乗り心地とそこそこ楽しいドライビングプレジャーが欲しい。

となると、やっぱりゾンダなのかなという結論に達しがちな今日このごろです。

あと、ホイールを変えるということは今のホイールが余るわけで、余ったホイールをどこに置いておくつもりなんだ、というところもポイントです。それと家にホイールが届いた時の言い訳の準備な。
posted by メガトンメガネ at 17:17| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする