2013年01月14日

一眼レフのレンズが欲しくなってきた件について

前回のエントリーでお伝えしたように、デジタル一眼レフカメラを使い始めた僕。最初の一年目はダブルズームキットについてきた18-55mmと55-300mmの2つを使ってきたわけですが、使っているうちにその便利さと不便さの両方を感じるようになってきました。

仕事で行く発表会では、会場によってはプレス用の席がとんでもなく遠い場所にあることもあります。その場合、18-55mmでは満足のいく画角で撮影することができず、55-300mmを持っていかざるを得ません。また、望遠だけで撮影できるならいいんですが、18-55mmではスライドを撮影するには十分でも、人物撮影をするには広角すぎていまいちピンとこないという場面も数多くありました。その際、レンズの付け替えをするのが非常に面倒だし、撮りたい場面を逃してしまうという状況にもなり兼ねません。

そこでまずは仕事用としてレンズを別途購入することに覚悟を決めました。「覚悟」というのは、きっとレンズを1つ買ったら他のレンズも欲しくなるだろうという予想からです。まず初めに購入したのは「これ1本で発表会取材のすべてをまかなえる」という用途で使える、高倍率レンズです。

このカテゴリーではタムロンに「18-200mm」が、シグマに「18-125mm」と「18-200mm」、「18-250mm」が、ペンタックスに「18-135mm」などがありますが、その中で僕が選んだのはシグマの「18-200o F3.5-6.3 II DC OS HSM/DC HSM」。まずこのレンズを選んだ理由は、発売時期が一番新しいということと、値段のバランスが良さそうということ。

WP_000535.jpg
▲Pentax K-rにSigma 18-200mmをつけたところ。

コストパフォーマンスだけを見ればタムロンの18-200mmが1万円ちょいで素晴らしいのですが、今使っているカメラバッグにレンズが収まらず、追加で購入する必要があるし、シグマの18-125mmはちょっと古い。そして、シグマの18-125mmとペンタックスの18-135mmは予算オーバーになってしまう。

そんな感じでこのレンズを買ったというわけです。少し使ってみて、やはりレンズ1本でほとんどをまかなえるのは心強いです。逆に弱点もはっきりと見えてきました。それは暗めのレンズというところ。F値が3.5始まりということもありますし、そもそも暗所ではAFが迷いやすいように感じました。発表会の撮影ではこのレンズで十分ですが、イベントの撮影では他のレンズを用意するほうが無難のようです。←レンズに関しては危ない傾向です。

WP_000536.jpg
▲Sigma 18-200mmのズームを最大まで伸ばしたところ。

現在、僕が持っているレンズは、Pentax DAL18-55mmとDAL55-300mm(キットレンズ)、DA40mm F2.8 Limited(単焦点パンケーキレンズ)、Sigma 18-200mmの4本です。今、ぼんやりとこの次に欲しいなぁと思っているレンズは、Pentax DA35mm F2.8 Macro Limitedといったマクロ撮影ができる単焦点レンズと、広角から中望遠までのズームができる、やや明るめのレンズの2種類。

マクロレンズについては、仕事柄イベントでのフィギュア撮影なども行うので、こういったレンズも1本あると楽しく撮影ができるんじゃないかなぁと。ズームレンズについては、単純にキットレンズのかわりになるレンズが欲しいという物欲からであります。ただ、色々と調べてみるとキットレンズは単体で軽いし、普通に撮るぶんには問題ないんですよね。やはりこのクラスのズームはキットレンズのままでいいかな……。

さて、僕はこれまでコンデジしか使ってこなかったのと、仕事でしかカメラを使ってこなかったので、ズームができない単焦点のレンズというものの存在価値がわかりませんでした。しかし、今では単焦点のレンズをつけて息子と一緒に街中へと繰り出したりしています。不思議なものですね。

001.jpg

002.jpg
▲これはPentax K-rにDA40mm F2.8 Limitedをつけて撮影しました。
posted by メガトンメガネ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-r/K-5II/K-5IIs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタル一眼レフカメラをよく使うようになりました

その昔、雑誌でデジカメ担当だったり、Webのニュース記事作成でデジカメをずっと使っていた僕ですが、基本的に高倍率ズームがついたコンパクトデジカメで撮影していて、特にデジタル一眼レフカメラを使う必要性を感じていなかったんですよね。ちなみに僕が使っていたのは、キヤノンのPowershot S2IS。4年くらい使っていましたが、非常に使いやすくていいカメラでした。

そんな中、一昨年の11月あたりにふと思いたってデジタル一眼レフカメラを買いました。でも、最初は普通の一眼レフを買うつもりじゃなくて、ミラーレス一眼レフを買おうと思っていたんですよ。当時の候補は、すでに型落ちしていたパナソニックの「GF2」とかだったと思います。

しかし、いざ量販店に買いに行った時にデジタル一眼レフのコーナーを見てしまい、いくつか触っているうちに心が一気にデジタル一眼レフに傾いてしまいました。

当時のお店に置いてあったエントリーモデルは、「EOS Kiss X50」や「ニコンD3100」といったところ。そしてその中で目にとまった1つがPentax K-rでした。僕が以前いた部署では、キヤノン派が大勢いたのでレンズの貸し借りを考えるとキヤノン一択だったのですが、今ではそもそもデジタル一眼レフを使っている人が周りにいないという状況なので、通好みと言われるPentaxにしてみるのもいいかな、と。

Pentax K-r


また、その知名度の違いからか値段の割に性能がよく、「X50」や「D3100」よりも画質や使い勝手がワンランク上とよく言われていたのもオタク心をくすぐる要因の1つだったでしょう。そんなわけで「Pentax K-r」のダブルズームキットを購入しました。価格は5万円くらいだったかと思います。

このPentax K-rというデジタル一眼レフカメラは、「X50」や「D3100」といった他社のエントリーモデルと比べると重量こそはありますが、本体サイズはコンパクトですので、取り回しがいいのが利点だと思います。

また、画質に関してはコンパクトデジカメからの移行では言わずもがな。コンデジを使っていたときの不満点は、仕事でステージ撮影などを行う時、広角で写そうとすると細部がうまく写らなかったりしていたんですよね。白飛びしてしまったりとか。そういった場合でもきちんと設定すればしっかりと写してくれるので、やはり画素数じゃなくて、レンズとCMOSの差は大きいんだなぁと。

といった感じで、このカメラはもっぱら仕事でのみ使っていたのですが、最近はプライベートでもよく使うようになりました。その理由としてはやはり子供の存在が大きいです。子供も2歳半になり、昔よりも外出時に手がかからなくなりました(もちろん勝手にどこかに行ってしまうかもしれないという別の心配事はありますが)。出かけにいったときの状況を写真などで記録しておく楽しみに目覚めてしまったというわけです。

Pentax K-r


Pentax K-r

▲子供は写ってませんが、電源を入れて適当にシャッターを押したりしています。

換えのオムツなどをカバンに入れ、首からはPentax K-rをさげて、公園などに行くのも最近になってようやくできはじめてきました。ただ、今度は別の悩みも出てきました。それはレンズが欲しくなってきてしまったということ。こちらについては次回の日記で書いていければと思います。
posted by メガトンメガネ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-r/K-5II/K-5IIs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。