2015年06月23日

中望遠単焦点レンズ「DA70 F2.4 Limited」を入手

普段使いのカメラとして、RICOH GRを持ち歩きだしてから
K-5IIsはあまり持ち歩かなくなってしまいました。

それほどGRの使い勝手は非常によく、
とりあえずかばんの中に入れておけばどうにでもなる。
そんな感じに付き合える仲間といった感じなのです。

でも、GRだとちょっときついな、と思える瞬間はもちろんあります。
例えば、遠めのものを撮影したい時。動物園とかその最たるものですね。

R0003867
↑GRで撮れるものももちろんあります。これは47mmまでトリミングして撮影したもの。

これでもいいっちゃあいいんですが、やはりもうちょっと寄りたいという時もあって、
GRのこの写真からさらにトリミングをしちゃうと、どうしても等倍で見ているような
そんな感覚になってしまいます。

というわけで、前置きが長くなりましたが、ちょっと遠目の中望遠単焦点レンズとして
「smc PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited」を入手いたしました。

R0004106

まだ手に入れたばかりなので、ろくに撮影できてません。もうしばらくするとFlickrのDA70アルバムにいろいろとアップされると思いますので、もう少々お待ちください。

今後もGRをメインとして持ち歩きつつ、風景など屋外での撮影がある時(なおかつ荷物が少なめの時)はK-5IIs&DA70を持ち歩いてみたいと思います。室内でのテーブルフォトなどをしたい時はやっぱりGRなんですよね。DA70だと最短撮影距離が70cmと長いので、目の前のテーブルに置いてあるものを座ったまま撮るというのは困難に感じました。同様に隣に座る息子などを撮る時もGRですね。

以下、DA70で撮って残した3点の写真です。

IMGP2033

IMGP2037

IMGP2045
posted by メガトンメガネ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-r/K-5II/K-5IIs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

自分の人生においてトップ5に入るゲームをハードごとにあげてみた(SG-1000、ファミコン、PCエンジン)

本日の昼間、Twitterであるハッシュタグが話題となっていました。

「#自分の人生においてトップ10に入るゲームをあげてけ」

非常に刺激的な話題ですよね! でもこれ、真正面から取り組むと、物心ついた頃から常にゲームの事を考えて生きてきた、我々のようなゲーマーには10におさめるなんて到底無理な話ですよね。1〜10位、11〜20位、21〜30位みたいに大きく分けて、しかも同じグループ内に優劣はない、みたいな制限をつければなんとか収められるかもしれません。

または、全体ではなくてカテゴリーを絞ってしまうやり方。ハード、ジャンル、年代……ここではハードで絞ったトップ5を自分の中で考えてみます。なぜハードにしたかは、記憶をたぐり寄せやすいのと、検索しやすいから。トップ10じゃなくてトップ5にしたのは時間の関係です。

【セガ SG-1000】
・モナコGP
・ガールズガーデン
・ジッピーレース
・コナミの新入社員とおるくん
・シンドバッドミステリー

 実はファミコンの前に父親にセガを買ってもらいました。私の初めての家庭用ゲーム機はセガSG-1000なのです。セガSG-1000は自分が小さかったころもあって、あまりゲームソフトを持っていませんでした。この中で一番遊んだのはモナコGPですね。ジッピーレースもニューヨークに辿り着けるくらいまでプレイした覚えがあります。シンドバッドミステリーは、よくわからなかったけどなんか謎っぽくて好きだった。

【ファミコン】
・ドラゴンクエストIII
・スターソルジャー
・ファイナルファンタジーII
・天地を喰らうII
・サンサーラ・ナーガ

 私のファミコンは完全にRPG時代ですね。ドラゴンクエストIIIは、すべてのハード、ジャンルにおいて1位を獲得しています。思い出の中に刷り込まれたタイトルであり、確実に今遊んでも楽しめる。スターソルジャーは、私にSTGを何度も練習するという意識を教えてくれたゲームです。裏コマンド使用ですが、おかげで裏16面もクリアできたという記憶があります。

 ファイナルファンタジーIIは特殊なシステムというよりも、世界観がたまらなく好きなのです。世界がもう帝国に支配される直前という状態で、敵しかいないフィールドを少年たちが冒険する。音楽もどこか悲壮感を漂わせて物悲しい。このコンセプトは子供心にとても衝撃的でした。パーティアタックでHPを上げすぎて後半に即死攻撃をまったく避けられないというのも衝撃的でした。

 天地を喰らうIIは、前作とともにちょっと間違った三国志を教えてくれた先生。司馬懿、司馬師、司馬昭のげきめんのけいとかんぷくのけいには痛い目を見ましたね。サンサーラ・ナーガは、当時ファミコン通信を読んでいた私におなじみだった桜玉吉さんのイラスト、そしてなんだか不思議な世界観のRPG。大人になってからGBAでもやりまして、当時はわからなかった仏教やヒンドゥー教をベースにした宗教観の奥深さに気付かされました。テーマはサンサーラのナーガなんだよなぁ。

【PCエンジン】
・定吉七番 秀吉の黄金
・桃太郎伝説2
・弁慶外伝
・ネクロスの要塞
・コズミック・ファンタジー

 実は定吉七番 秀吉の黄金以外はあまり語れるほど覚えていなません。定吉七番は、まだ小学生だった頃、西友のゲームコーナーに試遊機として置いてあって、しょちゅう遊んでいたんです。そこで名前も知らないけど同じようによく来る上級生と仲良くなったりしましたね……。そんなこともあって思い入れのあるゲームです。自分でPCエンジンとゲームを入手してからは、それこそ毎日のようにやっていました。だいたい1章から最後まで2時間くらいでクリアできるんですよ。

 桃太郎伝説2は超期待のソフトで、そして期待通りの面白さでした。夜叉姫やあしゅらなどが出てきたのも本作からですしね。弁慶外伝は、味方のグラフィックがとても大きく表示されていたのと、メニューが漢字だったのが印象的。そして普通に面白かった。ネクロスの要塞は……ところでネクロスの要塞っていうフィギュア付きのチョコがあったのを知っていますか? このゲームは戦闘シーンがアニメーションで演出されているのですが、それが新鮮でよかったですね。終盤はパーティ編成を間違えると難易度が激ムズになってましたが。
コズミック・ファンタジーはゲームとしてはちょいきついんですけど、とにかくエロかった……!

かなり長くなってしまったので今日のところはここまで! 次回は私の青春時代の大半を過ごした、MSX2+とPC-9801について語りたいと思います。
posted by メガトンメガネ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。