2006年04月17日

たまにはFFの思い出でも

こんばんは、メガトンメガネです。

ここ最近、車のことしか書いていなかったので、
FF11の話でもしてみます。

2002年11月7日からプレイしはじめてから、
引退した2005年12月30日まで3年と2ヶ月弱。

メインキャラはヒューム男からエルヴァーン女に変わりまして、
いろいろな出来事がありました。4月20日には新しい拡張パック、
『アトルガンの秘宝』が発売されますが、とくにプレイする予定はありません。

先月、キャラ保持のために一度ログインしましたが、やはりもう私がガンガンプレイしていたころとは違う世界になっている、そんな印象を受けました。(まわりの環境が、っていう感じでね)

それとはあまり関係ないですけど、初期のことを思い出しながら、
思い出として語ってみたいと思います、今日は。


blast.jpg

最初のキャラがこのBlastくん。はじめた当初、会社の人たちと一緒に始めたのですが、ヒューム男で赤魔道士は誰もやっていなかったので、このキャラになりました。

この画像のタイムスタンプを見る限り、始めてから1週間目くらいみたいです(11月13日)。


blast1.jpg

始めてアライアンスを組んだ日。かわいいタルタルたちと最初組んでいたのですが、そのうち段々人が増えていって、最後には12人くらいまで大きくなっていきました。グスゲン鉱山の入り口で骨をやったり、バルクルム砂丘のトカゲやゴブをやりにいって最後には半壊したり。ほとんどサポなしなので、ほんとにみんな突撃するばかり。


blast2.jpg

こんなレベルのときもあったんですねぇ。ビジュアル多めにしていきたいところなのですが、何回かHDDがクラッシュしたときにキャプチャー画像は失われてしまってるんですね。と、思ったらちょっと出てきました。


この後砂丘でレベルを上げながら、ケアルヘイトの増大で死人が出まくった11月のパッチを通りすぎ、会社の人たちと朝までグスゲン鉱山にこもり、呪われたサレコウベをゲット!! 

砂丘でレベル20まで上げたら次はチョコボクエ。ここでも会社の人にジュノまで連れていってもらいました。とはいえ、その人もレベル20前半だったので2人ともヒヤヒヤ。プリズムパウダーとかサイレントオイルとかアイテムとしてはありましたが、使い方もわからなかった時代ですから……。

ジュノにたどり着き、チョコボクエもレベル上げをしながら終了!! ここからレベル30まで上げてしまうところですが、都会の空気になじめなかった私は、すぐに故郷のバストゥークに帰ってしまいました。


とりあえずサポートジョブのレベル上げをしよう、ということになり、白、黒、戦士を上げ始めました。まだこの時代は赤/戦はアリだったんですねぇ。

このサポジョブ上げで知り合ったのが、コメントも書き込んでくれているソンス(Songsu)さん。それに先に引退されてしまいましたが、吟遊詩人を目指していたCupieさん。この2人はもっとも古い友人であり、一番の友人でした。

その後、エキストラジョブを取りたい!と思い、赤魔道士のレベルを30まで上げることに。今考えると、30になるまで1回も食事アイテムって使ったことなかったなぁ。このころの狩場はバタリアの虎やオーク、30近くなるとバタリア、ロランベリー、ソロムグのエビルウェポンが人気でしたね。

今ではオークやウェポンの強化によりこの狩場でやっている人もほとんどいないと思いますが……。

2003年の2月くらいにレベル30になって赤魔道士はお休み。やりたかった暗黒騎士をメインに進めていくことになります。暗黒騎士は面白かったけど、つらかったなぁ〜。でも、当時は今のような前衛2軍のような扱いはなく、普通の前衛として扱われていたと思います。ジラートジョブもなかったし。

そして初めての拡張パック『ジラートの幻影』が発売。カザムパス用のカギ取りでの挑発合戦は今でも記憶に新しいです。なんせ狭い部屋の四隅に一人ずついて、トリガーモンスターが出た瞬間に挑発、というのをやっていたわけですから。

発売したすぐはこの戦いに参加せず、2ヶ月くらい経ってからカザムパス取りをしたのですが、それでも上のような状況だったので、発売当時はそれはもうすごかったのでしょう。

そして忘れられないのは、暗黒レベル34でのアルテパ砂漠への到達。どれがアクティブなのかもわからないまま激しく迷いまくり、それでもなんとか東アルテパ砂漠に侵入。サボテンダーに200超えダメージを2発くらって瞬殺されたのもいい思い出です。今思えばもうちょっとでラバオだったんだなぁ。

その後、順調にレベルを上げていくのですが、そのころはシーフの横だま全盛期で、ナイト&シーフ、あと前衛1人しか入れないような状態。このころから暗黒はつらくなってきましたね。(まだ忍者は空蝉2のキャスト時間が長かったこともあって微妙なアタッカー扱いでした)


暗黒騎士時代のワタクシ
暗黒時代1.jpg 暗黒時代2.jpg

暗黒時代2.jpg 暗黒時代5.jpg

暗黒時代4.jpg

このころ、鋼鉄銃士兜にローブ、両手鎌というのが私の正装でした。みんなによく変態扱いされたものです。

カザムパス取り.jpg

LSメンバーのカザムパス取りをしにきたところ。終わってエスケプで帰るところかな。


それから、レベル46になったあの日。やっとのこさパーティメンバーを集めて、いつものようにクロウラーの巣に狩りに行きました。奥にいるトカゲが目当てです。その狩りの途中、私は誤ってほかのモンスターに誤爆してしまいました。結果はもちろん全滅。時間がなくなってしまったこともあって、そのまま解散してしまいました。

これには非常にショックを受けましたね。
せっかくパーティーをつくったのに自分で壊してしまった、と。
その日から暗黒騎士はやめてしまいました。


レベル30まで上げてあった赤魔道士で再開します。
いままでリーダーばかりだった暗黒に比べて、赤は楽でした。とくにリフレシュを覚えてからというもの、1回もリーダーをすることなくレベル60になりました。

ただ、このリフレシュを覚えるためには苦労しました。今でこそ、2000ギル程度まで下がっている魔法ですが、当時は安くなったとはいえ17万ギル!! しかも稼ぎにくい時代の17万ギルですから、たまりきるまで1ヶ月くらいかかっていました。その間、パーティーの誘いを断り続けて金策する毎日。今では17万ギルなんて、1〜2日で稼げてしまう金額ですが、当時はつらかったですねぇ。

金稼ぎ.jpg 亀たち.jpg

ゲルスバやパルブロ鉱山での一コマ。



逆にリフレシュが手に入ってからは早い早い。過去の日記を見てみると、8月2日にリフレシュゲット、8月15日に限界1突破、9月28日にはレベル60到達、といったハイペース。


釣り.jpg 花壇.jpg

レッドポット.jpg

趣味のうちのひとつだったチョコボ掘り。当時は儲かることはわかってませんでした。このレッドポットはチョコボ掘りでしか手に入らないレアアイテム!!


レベル60になってからは、細々と毎日プレイしていました。10月半ばからは暗黒を再開させるものの、レベル53でつらくなって休止。その後、年末が忙しくなることがわかって、11月いっぱいでとりあえずプレイそのものを休止することを決めました。

最後の11月30日が日曜日だったこともあり、闇王を倒してランク6になるイベントを提案。当時所属していたLS“Keron Brigade"のみんなに伝えられないまま闇王を倒し、バストゥークに戻って晴れてランク6に。

作戦会議.jpg 円陣.jpg

6人中、4人が始めての闇王ということで、作戦会議!!
そのうち、円になってマッタリ語らい始めました。

闇王前.jpg

変な人.jpg

闇王のいる前でのんきにもパチリ。


ランク6になったその時、すでに午後10時すぎ。ウェブマネーでの支払いだったので、12月1日になると自動的にログアウトされてしまう。あとこの世界にいられるのは2時間弱でした。みんなに今日で止めることを告げ、好きな場所のうちのひとつ、南グスタベルグの山の上に登りました。頂上に登る前の坂の途中なんですが、ちょうど海が見える場所で朝になると朝日も見えるいい場所なんですよ。

夜.jpg 朝日1.jpg

朝日2.jpg

時間が経つにつれ、みんなも来てくれて、みんなに見守られながらBlastの冒険は幕を閉じました。思わず自分でもホロリ。
その後、1年くらい経ってからLevinaによって叩き起こされ、ノーグに行くことになったのだが、それはまた別のお話。

ここまで長い話にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。


posted by メガトンメガネ at 23:56| Comment(6) | TrackBack(0) | FF11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思いで話し大好きです。れびさんになった続きを楽しみにしてますo(^-^)o
Posted by famiglia at 2006年04月18日 20:21
Blastさんってこのフェイスだったのかぁ
勝手にスポーツ刈りみたいなフェイスだと思ってた〜
なんかすっごく意外だー

という俺もモンハンでは女キャラ使ってて、FFやってたフレに「合わない!」「意外だ!」と言われまくりましたが

まぁ、自分でもわかってるんですが
Posted by うま at 2006年04月19日 03:38
私がFFに来た時は、ほとんどの人が色々攻略していたので、
知らない人たちが集まって色々やってみる!ということを経験したことがありません><。
なので、このBlastさんの冒険はとってもうらやましいのです〜(≧∇≦)。
いいなー、って思いつつ、楽しく読ませてもらいまいした^^

アトルガンでみんなで知らないエリアに(≧∇≦)!っていう経験もできるかも!
と楽しみにしてましたが、
発売されてから2日目たった今でも、
まだコンテンツ追加が出来てなくてプレイ出来てません。

反面、徐々に新エリアに行ける人もいるみたいで、やっぱり私は教えてもらう側に。
期待してた分かなり残念です。

やっぱりこのような体験は
新しいゲームに一番初めから入らないと出来ないんですかねぇ;;
Posted by koyoro at 2006年04月22日 04:33
>ファミ
読んでくれてありがとう〜。
Levina編はもうちょっと待ってねー。なんせBlastよりも2倍以上長くプレイしてたからいっぱいありすぎてよく覚えてないところもチラホラw

>うまぴょん
俗に言うまっつんフェイスだったのですなー、私は。私もうまぴょんはハゲガルカのイメージしかありませんが何か?w

>こよろん
すでに長くやってるネットゲームに新規で入ると、結構そういう思いになることは多いと思います。とくにFFは調べてから行く、っていうスタイルが前提になってきてしまっていると思うので、なかなか「わ、ここはなんだろう」みたいな体験はできにくいよねぇ。

コンテンツ追加のエラーはかなり深刻みたいだね。ほかにも知り合いで何人かできていない、って話を聞きます。

まぁ、新エリアにたどり着けたらとりあえず1人でフラついてみる、これ大事。これはあまり情報が出ていない今がチャンスですヨ。あとは効率よく動かないことかな。
Posted by メガトンメガネ at 2006年04月22日 14:44
あれから3年…こんなに長くひとつのゲームを続けているのは初めて(途中、色々浮気はあるけどw)。それもよきフレとLSに恵まれてたからと確信してます。
ただ今年4月からは、ずっと在籍していたLSを捨て新しいLSに移りました。ほぼ毎日長時間プレイできるリアル環境のプレイヤーがハバをきかせ、心無い言動で雰囲気の重くなることが多くなってしまってました。愚痴は置いといて…
リアルでもヴァナでもフレに恵まれていたボクですが、相手からどう思われていたかは何とも言えません。けれどココに来て改めて安心(´ー`)
Blast最後の場所で撮った、ブラさんとクピさんとのスリーショットのSS…今でも大事な宝物です。フレリストにもBlast&Levinaの名前は残ったままw

アトルガンは意外と順調に登録でき、22日くらいから新エリアを歩き回ってます。新たな世界と新たな友達とで今後もヴァナライフを満喫していくつもりです。
また次のレヴィーナの冒険譚を楽しみにしてるね〜(´∀`)
Posted by ソンス at 2006年04月27日 12:10
>ソンさん

コメントありがとう〜。私も3年もやっていたゲームは初めてでした。それだけに思い出もたくさんありますよねぇ〜。

LSについては、どうこう言える立場ではありませんが、いったん雰囲気が悪くなってしまうと、なかなか元に戻れなかったりしますよね……。

ちなみに5月からちょっとログインしてみようかな、なんて思ってます。なんか楽しそうなのでー。
Posted by メガトンメガネ at 2006年04月27日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。