2006年08月26日

あの白サブリガの故郷を訪ねて

LSの暴走猫ことJohan氏(ヨハン)の青がついにレベル50に近づきまして、
青に対応する白サブリガが欲しい!とのたまったので、

フォミュナ水道へとちょっくら出稼ぎに行ってきました。
メンバーはそんなにそろっていなくて、

忍(Johan)、忍(Umaseteyo)、白(Taura)、白(Levina)という4人組。
ファミコン版のFF3っぽいッスね。

40制限ということで、空蝉2を使える忍者がとても強いです。
と、タウルスに順調にからまれながら、キャンプ場所を目指します。


奥のほうの通路に陣取って、狩フォモル、暗フォモル、詩フォモルを狙います。本目的は詩フォモルがドロップする『リーブラサブリガ』ですが、とーら氏も狩人で着れる装備が欲しいようで、『ウィルゴーサブリガ』を狙います。

暗はまあ私はそれほど希望してませんでしたが、まぁ広場にいる事だし出せばいいな、といった感じで。1匹倒すごとに経験値100前後も入ってきてとてもいい感じでした。

ほどなくしてどちらのサブリガも出て、ホッと一安心なのですが、
猫の視線は1ヵ所に注がれていたようでした。それは初めから広場に沸いていたフォモルのNM「Eba」。暗黒タイプの猫みたいでした。

エバ-26.jpg

よく見たら頭がダーク系の装備なのに胴はカニ。中途半端やなー。

と、こいつがまた硬い&ダメージがデカイ。盾が忍者2人なので基本的にはダメージを受けないのですが、とにかくHPが減らないこと減らないこと。

ちょうど白2人がメロンジュース&その材料を持っていたので、絞りながらなんとか耐えます。どれくらい戦っていたでしょうか、15分くらい? こりゃダメかと思われるピンチも向かえましたが、なんとか撃破!!

フォモルチュニック-26日.jpg

見事フォモルチュニックをドロップです。ロット激戦に勝ったうまぴょんが持ってゆきました。性能は写真撮るの忘れたので直接見せてもらってください。


posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰が暴走禿やねんっ!
無香空間Z!
Posted by ヨハン(ナベ アツシ) at 2006年09月14日 18:57
ワタナベさん来ちゃった!!
そのとおり、タイトルはあれから取ってますw
Posted by メガトンメガネ at 2006年09月16日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。