2007年01月12日

最近のルキノ事情

5万2500kmで購入した我が家のルキノも
2000kmほど走行して5万4500kmになりました。

納車時のサービスとしてワコーズのエンジンオイル
(たぶん『4CTS』)を入れてもらったのですが、
どうにもこうにも低速トルクが細くなってきたような気がします。

回転数を上げていくと、グァーとエンジン音が上がっていくのではなく、ジャァーといった感じでエンジン音が上がっていくように聞こえてくるんですね。専門用語でいうとシャビシャビになったというか。

レーシングオイルだから、パワーを感じられる期間が短いのかもしれませんし、そもそもこういうエンジンなのかもしれません。が、どちらにも判断しにくい状況です。

そんなわけで近所のオートテックにやってきたのだ。

こういうカーショップに行って、エンジンオイルを見て周るの
実はとても好きなんです。


理想を言えば100%化学合成のエンジンオイルなんですが、
高いのがネック。あと、高回転エンジンとはいえ、それほどオイルに
神経質にならなくてはいけないエンジンではないので、
狙いは部分化学合成オイルになります。


価格帯としては3000円〜5000円くらい。
でも、激悩みました。シャビシャビ感があるとはいえ、
まだ2000kmしか走っていないんだよなぁ、と思うことと、

SR16VEのエンジンオイル量は3.5リッターらしいので、4リットル缶を買ってしまうと、なんだかもったいない感があることが原因です。


量り売りでピッタリ無駄なく入れてもらえるプランもあるのですが、
用意されているオイルはちょっと高い。


そんなわけでウーンウーンとしばらく売り場をウロチョロして悩んでいたのですが、最終的にはNAエンジンなのに2000kmで交換してしまうのはもったいなさすぎる、という結論に達しました。


すぐ前にあるコイン洗車場で車洗って帰りました。

年末に洗えなかったこともあり超汚い。白い車なのにうっすらとグレーがかっていました。せっかくなので洗ったあとにブリスもかけたのですが、白い車だとコーティングできているのかどうかさっぱりわからず!

前のFDのときは黒いボディーだったんで、油の動きでよく見えたのですが、塗れているのかそうでないのか、まったくわかりません。まぁムラも見えにくいってことにしておきましょう。


posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。