2013年02月05日

おや?カメラの様子が……?

ひょんなことから、カメラがPentax K-rからPentax K-5IIにクラスチェンジしました。

K-rも撮影していて楽しいカメラだったのですが、どうしても使っていくうちにアラというか使いにくさを感じる部分が大きくなってしまったので、それならいっそのことと思って、ぶっこんだわけであります。

そんなわけでPentax K-5II。予想以上に楽しいカメラですね、コレ。
一眼レフ初心者ではありますが、Pentax K-rという入門機を経てから
このカメラに触ると、いろいろな機能の便利さが伝わってくる感じがします。

個人的にはプログラムオートのポジションから、絞りとシャッター速度がどちらもダイヤルで変えられることが便利ですね。また、測光モードがボタンいらずで変えられること、AFのポイントがボタンいらずで変えられること、ISO感度をボタンいらずで変えられること……つまりいろいろな設定がワンタッチで変えられることが僕にとっては何よりの利点でした。

僕は基本的にカメラを取材用として使っているんですが、ステージ撮影とかだと結構設定を変えないといけない場面が出てくるんですよね。そこでもたつくことが多かったのですが、これからはサッと変えられそうです。実際にまだ仕事で使ってないのでわからないんですけど。

そしてこのK-5IIには、兄弟機としてK-5IIsというモデルがあります。この2機種の違いが最初はいまいちわからなかったんですけど、どうやら調べてみるとK-5IIsにはローパスフィルターというものがないらしい。このフィルターを使っていないことで、これまでにないクッキリとした解像感を実現しているとのこと。

世間的に人気の高いのはこのK-5IIsのほうみたいなのですが、僕はK-5IIを買いました。というのも理由があって、K-5IIsはモアレが出やすいという話らしいんです。それもフィギュアなどの人工物を撮影する際に。僕自身は自宅にフィギュアとかはありませんが、仕事で撮影する機会は結構多いのでK-5IIを選びました。

あと、K-5IIsだとくっきりと写すためのレンズが欲しくなってしまうので、余計に出費がかさんでしまうという心配もありました。そういった面でも初心者には難しいカメラと思えたのも事実です。

K-rから重量は増えているものの、持ち歩きにくい重さではないので、プライベートではこれまでと同じく40mm F2.8 Limitedをつけて色んなところを撮影しようと思います。まずは今週末のワンフェスから……(仕事です)。


ramla.jpg
晩御飯を買いに行くときに撮影した飯田橋駅前のラムラです。


飯田橋駅.jpg
帰る時に撮影した飯田橋駅の階段です。特に何も考えずに撮影しましたw
posted by メガトンメガネ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック