2007年04月15日

逆転裁判4を買った、そしてクリアした

村の上の龍と書いて、メガトンメガネですこんにちは。

4月12日に発売された逆転裁判最新作、逆転裁判4!
もちろん真っ先に買いました。そしてつい昨日クリア!
いやー、一気にカカッとやってしまいました。

うん、面白かったですよ。
でもね、ちょっと気になる部分も多いかなー、という印象でした。












まず、敵となる牙流検事ですが……最初っからフレンドリーすぎるっ! ナルホド君も、なんでも知っている(と思わせる)キャラになっているし、常に斜に構えた感じで前作までの面影があまりないんですよね。女性キャラは総じて可愛かったですね。

あと、それぞれ各話の内容が最後に繋がっているので、その分話の締まりがなんだかしっくりこないというか、モヤモヤした感じで終わっちゃうんですよね。

この人が犯人だろう、と思わせる人が、やっぱりそのまま犯人で終わるパターンが多いので、そのあたりもちょっと物足りなさを感じる原因なのかもしれません。


というか、あまり逆転がなかったような……とくに「発想を逆転させるんだ!」的展開がなかった気がします。牙流検事が助け舟をすぐ出しちゃうんだもん。


あと、前作までの主要メンバーの存在がほとんどないものにされていたのはちょっと寂しかった。話題の中だけでも出てきてくれればいいのになぁ。御剣検事の「み」の字も出てこなかったし……

本作の舞台のほんの数年前までは、このあたりの人がブイブイ言わせてたはずなんですが……。


とまぁ、気になった点ばっかり列挙してましたが、総合的には良作だと思いますよ。証拠を集めて、追い詰めていく、その感覚は従来どおりだしね。ただ、結構なファン(従来作を3回ずつ以上プレイしなおしちゃうような)にとっては、やや物足りない話だったんじゃないかなー。


あ、そうそう、これが気になってたんだった。探偵パートでの「調べる」で毎回思う、というか思い出すんですが、PC-98の「同級生」シリーズが思い出されます。なんでもないところを調べても、何かしらコメントが用意されている、っていうね。


posted by メガトンメガネ at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンタジー化が止まらない!
Posted by うま at 2007年04月15日 13:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。