2015年05月19日

GAMEバンドと僕(5thコンサート終了記念)

001.jpg

2015年5月16日(土)、千葉の習志野文化ホールで開催されたGame Addict's Music Ensemble(通称GAMEバンド)の第5回演奏会にて、黒子として参加しました。

GAMEバンド5thコンサート 〜がんばれ神々の怪盗ペイントフロンティア〜特設サイト


思えば、2ndコンサートで奏者として参加してから約6年、3rdコンサート、4thコンサート、SPコンサート、そして今回の5thコンサートで4回めの黒子です。あと、黒子のみで参加するのが今回初めて一人だけで(3rdと4thはもんさんと、SPはたじと)、GAMEバンド名誉黒子という称号までいただいちゃいました。

3rdから奏者ではなくて黒子となった理由は、仕事が忙しくなったから、そして子供ができたからというのが主であり、最大の理由でした。そんな状態でも演奏会が毎回近づくにつれて僕に声をかけてくれるGAMEバンドのみんなには感謝です。

現時点で楽器を満足に演奏できていない自分がなぜバンドに関わっているのか。それは単純で、GAMEバンドという器の中でみんながやることに関わりたいからです。何か面白い体験ができるんじゃないか、そんな気持ちで毎回新鮮なのです。そしてこれまでの演奏会で面白くないことはなかった。

【台本とMC原稿を見て、自分はきちんとできるのか不安に】

そんな中で迎えた今回の5thコンサート。演出の台本とMC原稿の文字量を見ただけで「こりゃやべえ」という印象でした。何がやばいってそりゃ物量が。はたしてこの曲数と盛りだくさんな内容を通すことができるのか。

当日になってリハーサルをやっている最中も全然終わらないし。10時からリハ始めて、2部のリハの終わりが14時前。15時開場なのに1部のリハが全部残っている。これは大変だと。でも、本番が終わってみたらそんな心配はいらなかったですね。少し疲れは見えていたけど、最後まで通し切りました。この点だけでも本当にすごいバンドになったものだと思います。

演出は本当によくまとめていた。サスペンス劇場は物語の序盤から終盤にかけての伏線の回収も見事だったし、演奏していたゲームのエッセンスをきっちりと演出の中に潜り込ませていた。頭で考える演出がサス劇だとしたらサガフロ(レッド編)は体で感じる動の演出。ここまで鬼かと思える譜面を演奏してきて、後半でサガフロ。そしてそれが終わってもメインであるモンハンが第2楽章、第3楽章と待っている。本当によくぞこの難曲ばかりを演奏し通したものだと思います。

一方で自分はというと、仕事のほうで色々とあって振り回されてしまったところもあって、あまり満足に練習に参加することができませんでした。そのため、当日の作業もこれまでの演奏会と比べるとかなりゆったりでしたね。サガフロはお客さんの一人のような感じで舞台袖で見させてもらいました。

ただ、ここはやはり反省点の1つであって、黒子をやると決まった時点で、もう少し演出の人たちとコミュニケーションをとって役目を割り振ってもらうべきだったなと。ただ、練習に来れるかどうかわからない、という状況では仕事を振るのもリスクが高いので、今回は仕方がなかったな〜とも思いました。あと、どの小道具・大道具がどの演出で使われるのか、という把握もできていなかったので、あまり袖の整理をするわけにもいかず……。


【次回のGAMEバンド演奏会に向けて】

毎回、演奏会が終わった直後に言っている気がしますが、次こそは奏者としてひな壇の上に上がりたいと思っています。ただ、そのためには楽器のリハビリが必要だし、すぐにはまだ戻れない(技術的についていけない)かなと。また、多くの人に毎回聞かれる「いつ復帰するんですか?」という言葉。一度しか奏者として参加していない僕にこうして聞いてくれるのは非常に嬉しい事で、どうしても復帰したくなるってものです。

あとはメンバーの顔と名前を一致させることもしないといけません。演奏会を重ねるごとに新しい人が入り、総人数としても僕がいた頃と比べて1.5倍くらいになっていると思うので、おそらく半分くらいは顔と名前が一致していないんじゃないかな〜。

そして個人的な夢としては『FF14』の曲をGAMEバンドでやりたい!とりあえずの有力候補は「天より降りし力」。
posted by メガトンメガネ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419196047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。