2017年10月15日

ロードバイクのホイールアップグレードについて

車でも自転車でも同じですが、自分の車を手に入れたら最初に考えることは、いかに自分仕様にしていくかっていうことだと思うんですよね。

現在の自分のGTRSLの状況は、105完成車の仕様からタイヤをコンチネンタル「Grand Prix 4000S II 25C」に、サドルを「Prologo Nago CPC」に変更しているくらいで、基本的には完成車そのままです。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0122.jpg
▲タイヤは純正のヴィットリア「ザフィーロ」から納車時に交換。

この状態から次にどのパーツを変更するかと言えば、やっぱりホイールしかないんじゃないかなと思うんですよね。そうですよね。

いま使用しているホイールはShimano「WH-RS010」。10〜30万円台のロードバイクの完成車に愛用されている、いわゆる純正仕様のホイールです。重量は1800g後半と、すごく重いとは言いがたいけど、やっぱりここからアップグレードしたいじゃないですか。

RS010.JPG
▲ホイールはみんなが通る道「RS010」。

というわけで、実際に変えるとしてもまだまだ先なんですが、現時点で欲しい&気になっているホイールを列挙してみたいと思います。

ド定番の第一候補
カンパニョーロ ゾンダ


zonda.jpg

ロードにちょっとハマりはじめた人がまず真っ先に考えるホイールアップグレード先、それがカンパニョーロ ゾンダ。まず何がいいって、前後合計1500g台と純正と比べるとかなりの軽量化になるうえに、海外通販で買えば5万円以下というお買い得プライス。名前がかっこいい。ZONDA。G3組と言われるリアホイールのスポークもかっこいい。

名前はともかくとして、ちょっといいホイールが欲しいとなった時の第一候補がこのゾンダですよね。ただ、賛否両論あるのがペダルを止めた時に鳴り響くフリーハブのラチェット音。純正と比べるとかなり爆音ですので、歩行者や他のローディたちに与える影響が心配されます。

→カンパニョーロ ゾンダ商品ページ(Wiggle)

ゾンダの対抗馬
フルクラム レーシング3


racing3.jpg

ゾンダを基準とすると、その対抗馬となるのがフルクラム「レーシング3」。フルクラムはカンパニョーロの子会社で、カンパとは異なる味付けがされているのが特徴ですね。その特徴は基本的に剛性が高くて硬いというもの。硬いゆえに足への負担が大きく、足の消耗が激しい(らしいです)。

このあたりはやはりレーシングという名前らしさでしょうか。キビキビとしたドライビングプレジャーはゾンダよりも上だと思うのですが、現時点でも無駄に踏み込んでしまって足がすっかり終わるという状況が多発しているので、レーシング3にしたら持久力が足りなくなってしまうのではないかと思っているんですよね。あと、ラチェット音もカンパと同様に大きいみたいです。

→フルクラム レーシング3商品ページ(Wiggle)

その他にもShimano「RS81 C24」や、上記のホイールよりさらに上のランクになるカンパニョーロ「ニュートロン」、フルクラム「レーシングゼロ」なんかも注目はしていますが、5万円あたりのランクでいまのところは十分かなという気もしています。

それか、ちょっと変わり種としてALEXRIMSの「ALX473」とかね。4万円台で1400gと軽量ですが、体重制限があるっぽいですね。

→「ALX473」商品情報

まずは自分がどういう用途で自転車を乗っていきたいのか、というのを考える必要があると思うんですよね。レースに出るわけでもないので(現時点では)、それほどカチカチでビュンビュン進むホイールは必要ないと思うし、やはり適度な乗り心地とそこそこ楽しいドライビングプレジャーが欲しい。

となると、やっぱりゾンダなのかなという結論に達しがちな今日このごろです。

あと、ホイールを変えるということは今のホイールが余るわけで、余ったホイールをどこに置いておくつもりなんだ、というところもポイントです。それと家にホイールが届いた時の言い訳の準備な。
posted by メガトンメガネ at 17:17| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]