2018年05月12日

自転車用縦置きスタンド「ミノウラ DS-800AKI」を買いました

我が家にある自転車は、ママチャリ1台、キッズ自転車1台、クロスバイク1台、そしてロードバイクが1台の計4台です。

当然ながらママチャリ、キッズ自転車、クロスバイクは外にある屋根付きの駐輪場に置いているのですが、ロードバイクは外に置いておくわけにはいきません。自宅前には畑があり、すぐそばには高校のグラウンドもあって、砂埃混じりの風がびゅーびゅー吹き付けてくるわけです。おかげでクロスバイクは2週間に1回はフレームを拭かないとアカンことに……。

GTRSLはこれまで、リアホイールのクイックリリース部に挟んでおくタイプのスタンドを使って、自室に保管していました。ただ、置く場所が限られていて、押入れへのアクセスがとてもしにくい状況になっていたので、縦置きスタンドを買いたいとずっと思っていたんです。

001.jpg

縦置きスタンドの候補は2つ



いろいろとネットの海で製品を調べてみたところ、これいいなって思ったのは以下の2種類。

サイクルロッカー(CycleLocker) 室内用縦置き自転車スタンド クランクストッパースタンド CS-650 (RED)
サイクルロッカー(CycleLocker) 室内用縦置き自転車スタンド クランクストッパースタンド CS-650 (RED)

MINOURA(ミノウラ) DS-2100 Tancho E'sse ホワイト
MINOURA(ミノウラ) DS-2100 Tancho Esse ホワイト

サイクルロッカーの価格はAmazon.co.jpで約14000円、ミノウラの価格は約11300円。サイクルロッカーはデザインがかっこよくて第1候補だったのですが、やや高価なのと固定方法がクランクを回らないようにして止めるタイプなので、息子が下手にいじって倒しちゃわないかがちょっと心配。

というわけで気持ちはミノウラに傾いていたのですが、検索してみるとミノウラでもう1つ「DS-800AKI」というモデルがありました。ミノウラのWebサイトにはないのですが、価格は約10000円とDS-2100よりも少し安い。違いを調べてみるとDS-800AKIはアキコーポレーション(代理店)モデルらしく、色が違うのと転倒防止用の小さいバーが付いていないとのこと。

ミノウラ DS-800AKI ブラック ディスプレイスタンド
ミノウラ DS-800AKI ブラック ディスプレイスタンド

見てみたらスタンドが後ろに倒れないようにするためのバーで、壁に向かってスタンドを置くのであれば必要なさそうなので、少し安い「DS-800AKI」にしました。

製品はバラバラの状態で届くので、自分で組み立てる必要があります。工具は六角レンチが付属しているのですが、その他にも10mmナットを押さえるスパナかレンチが必要になりますので、お気をつけを。

002.jpg

そんなに複雑な作業ではないので30分もあれば組み立ては終わると思います。

自転車の固定はリアタイヤとフロントホイールのリム部分で行われます。自転車のフレームを持って左右に揺すると少々動きますが、不安定なほどではないので、よほど大きな地震が来ないかぎり倒れることはないと思います。

003.jpg

横のスペースを縦に展開しているとはいえ、自転車自体の大きさがありますから、すごくコンパクトになるわけではありません。

004.jpg

でも、横置き状態では通れなかった押し入れ前も普通に通れるようになりましたので、目的は達成です。ちょっと部屋が広くなったように感じられるし、縦に置いた自転車も結構格好良く見えるので、個人的には満足!

005.jpg

現在は、壁に対して垂直に置くとPC机の椅子をあまり後ろに下げられないので、ちょっと斜めに置くように変更しています。また、自転車をスタンドにかける時にフロントタイヤをすこし置くまで動かしてリムに引っ掛けるので、壁ギリギリにスタンドを置いてしまうと壁がタイヤで汚れる可能性がありますのでご注意ください。
posted by メガトンメガネ at 22:15| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]