2018年05月26日

荒川CRは想像以上に自転車で走りやすかったのである

東京のサイクリングロードと言えば、2大巨頭なのが多摩川サイクリングロードと荒川サイクリングロード(以下CR)。今回はゴールデンウィークの最終日に荒川CRを走ってみたレポートになります。

多摩川CRは全長約50km、荒川CRはなんと全長約90kmと、どちらも長大なサイクリングロードとなっています。どちらもサイクリングロードはあくまでも俗称で、自転車以外にも歩行者などもたくさんいます。

多摩川CRは以前も紹介したシャクライさんのお店「ヨミヤスミ」が途中にあることもあって、何度も走っているのですが(その割に左右どっちを走るのかでまだ悩む)、荒川CRは秋ヶ瀬公園から北方面しか走ったことがなかったので、今回は河口近くの新木場から北上してみることにしました。

000.jpg
▲スタート地点は新木場駅のあたり。

002.jpg
▲鞄を持っていきたくないけど、ビンディングシューズで駅構内を歩きたくもないってことで、スニーカーで行くことに。こういう時、フラペ代わりにも使えるTIMEのビンディングペダルは便利。

輪行して新木場駅に降り立つ


というわけで今回のスタートは新木場駅。自宅から最寄り駅まで自転車に乗り、輪行袋にセッティング。ちょうど新木場行きが来ていたので、そのまま乗り込んで終点まで行けばいいっていう寸法さ。

今回も一番後ろの車両に乗りましたが、同じように自転車を積み込んでいる人がいて、なんとなく親近感。その人も新木場まで乗っていましたね。駅の外では見なかったので、そこから京葉線に乗り継いだのかもしれません。

003.jpg

004.jpg

車道を走って荒川の橋を渡ろうとしたら、歩道から河川敷方面への道が分岐しているのが見えて、慌てて自転車をかついでガードレールを乗り越えるというアクシデントは発生しましたが、無事に川側の道に入ることに成功。でも、そこから荒川CRに入る道がわからなくて、結構並走しちゃいました。

005.jpg

006.jpg
▲こういう風景が見られるのは新木場そばならでは。

荒川CRに入って真っ先に思ったことは「道が広い!」ということ。多摩川CRや多摩湖自転車道で細い道を走り慣れていたこともありますが、ここまで広いとは思っていませんでした。いや、荒川CRでも秋ヶ瀬公園から先はそんなに道が広くなかったですし……。

007.jpg

だからといってすごいスピードでかっ飛ばしていいわけではないですが、それなりのスピードで延々と走り続けられます。これは快適!

008.jpg

009.jpg

途中で休めそうなポイントもいくつかあるので、疲れたら止まって川を眺めるのもいい。

010.png
▲新木場からだいたい1時間半ほど走って鹿浜橋に到着。もう埼玉との県境近くまで来ましたね。

011.jpg

012.jpg
▲岩渕水門! あまり水門というものを見る機会がないので、ちょっとテンション上がりましたね。

水門からさらに1時間ほど走って秋ヶ瀬橋近くに到着。ここからは志木駅前のあたりを通って、一般道で自宅まで戻ります。

ちなみにこの時、志木から自宅までずっーと向かい風という地獄が待っていました。数日前、サイボクハム〜入間川CR〜荒川CRというルートで帰った時も、荒川CRから自宅まで30km向かい風という地獄だったのですが、このルートはちょっと鬼門なのかもしれません。

013.jpg

総走行距離は56km、走っていた時間は2時間半でした。データを見てもらうとわかるかもしれませんが、終盤で25km/hも出ていないゾーンがあります。ここが向かい風ゾーンです。

荒川CRは走りやすいけど初心者には厳しいかも?



荒川CRを今回走ってみて、まず思ったのは道が広いこと。あと、右岸と左岸のどちらを走ればいいかみたいに迷うことがほぼなかった。これが多摩川CRだといきなり道がなくなったり、歩行者、ランナーと狭い道ですれ違わないといけない、みたいな状況にすぐなりますからね。まぁ、荒川CRも意図的に舗装がなくなっている部分とかもあるんですが……。

荒川CRの難点は、一般道に戻りにくいこと。一般道自体はすぐ横に並走しているんですが、一般道に行き着くまでにちょっとした坂を登らないといけないんです。また、途中に自販機のようなものはほぼ見えなかったので、荒川CRに入る前に補給を忘れてしまうと、かなり回り道をしないといけないかもしれません。

あと、ガッツリ走っている人も結構いるので、道を不用意に横切らないなどの意識も必要です。これはどこを走っていても必要な意識ですが、常に一歩先を考えて行動するのが、CRを走る時に大事だと言えるでしょう。

ただ、初心者がCRを走るのに多摩川と荒川のどっちがいい?って聞かれたら、間違いなく荒川と答える、そのくらい走りやすいCRでした。
posted by メガトンメガネ at 17:37| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]