2015年09月29日

「デレステ」始めました

現在、「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(略してデレステ)で遊んでいます。1日に1回、スタミナがなくなるくらい曲を遊ぶ程度のプレイですが、なかなか楽しいです。

Screenshot_2015-09-27-02-37-56

以前、「スマホゲームを僕が好きではない理由」という日記を書きました。この「デレステ」はもちろんスマホゲームで、ガチャによってレアなアイドルたちをゲットしていくタイプのゲームです。

http://levina.wp.xdomain.jp/?p=45

上の日記で書いているようなスマホゲームと「デレステ」の違いは何なのか。個人的に違和感なくプレイできているのは、強キャラで相手を蹂躙していくゲームではないから、なんじゃないかなと思っています。

レアなキャラを揃えれば揃えるほど自分のチームが強くなり、そうしないと誰かに勝つのは難しい。「デレステ」はリズムゲームですから、最終的には自分の指先の勝負になります。そこに他人は関係ない。そういう部分が僕にもプレイできる理由になっているのではないかと。

もちろん、レアなアイドルがいるとスコアが伸びますし、判定がゆるくなったりなどの便利な機能は付きます。でもそれがないと勝てないというわけではないし、5人1組のメンバーの中に、ノーマルのアイドルがいてもいいわけです。

僕はもともと「アイドルマスター」というコンテンツが結構好きでした。CDもマスターピースシリーズまでは全て発売日に買っていたくらい。でも「シンデレラガールズ」はダメでした。まぁ、それはスマホゲーム特有の札束で殴っていくシステムだけでなく、従来の765プロのメンバーがプレイヤーの間で厄介者扱いのようにされていたことが原因だったりしますけど(シンデレラガールズでもその後、765プロのアイドルたちの存在感は上がった気がします)。

とはいえ、シンデレラガールズで登場するアイドルが嫌いなわけではないのです。「デレステ」にはシンデレラガールズからのアイドルのみが登場します。どのアイドルも魅力的ですし、集めたい気持ちになってきますよ。

Screenshot_2015-09-28-17-48-04

このようなノーマルばっかりの編成でも、がんばれば難しいレベルの曲をクリアできます。

先日、デレステ初のゲーム内イベント「アタシポンコツアンドロイド」がスタートしました。スマホゲームによくある、周回してポイントをためてというタイプのイベントで、時間とやる気が余っている人じゃないと、上位に食い込むのはまず無理でしょう。

このイベントで用意された曲「アタシポンコツアンドロイド」をプレイするには、通常の曲をプレイしてポイントを貯めないといけません。しかし、この通常の曲をプレイするという行為は、ストーリーを進めるためのレベルアップにも必要になるので、僕のようなまだレベルが上がりきっていない人にとって、ポイント貯めだけの無駄に感じないのは好印象ですね。

ただ、もう全ての曲をMASTERレベルでもクリアしてしまい、やることがないなんて人も中にはいるようです。これはしょうがない部分でもありますが、僕もそうなってしまった時、どうなるかはわかりません。次に運ばれてくる料理(コンテンツ)を待って席に座っているのか、それとも席を立って次のお店(ゲーム)に行くのか。

しかし、実際にそうなった時に考え始めても遅くはないのでしょうね。


posted by メガトンメガネ at 12:10| Comment(0) | デレステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。