2015年10月04日

元FF11プレイヤーの僕が「FFGM」を見限った瞬間はココ

「ファイナルファンタジー グランドマスターズ」の配信が10月1日より始まりました。「FF11」のヴァナ・ディールを舞台にしたスマホゲーム……自分は元FF11プレイヤーですので、とりあえずダウンロードして始めてみました。

Screenshot_2015-10-03-10-51-44

始めてすぐに耳に飛び込んでくる懐かしのBGM……おお、はるか昔にずっと聞いていた曲の数々。ゲームはサンドリアからスタートし、主人公は神殿騎士団団長のクリルラと出会って、冒険者としての物語が始まります。

世界観とBGMはとてもいいですね。そりゃ、300日(7200時間)も自分で費やしたゲームですから、当時の思い出はたっぷりあります。最初のうちはリザードになかなか勝てませんでしたが、初回Sランク確定のガチャを回したら超絶楽になりました。でも、FF11のリリースから13年が経った今、リザードに邪視を喰らって死ぬハメになるとは思いませんでしたよ。

Screenshot_2015-10-01-12-41-56
「FFGM」はなかなか楽しかったです。
バルクルム砂丘に入るまでは。

フィールドがロンフォール森林→ランペールの墓→ラテーヌ高原→オルデール鍾乳洞と移っていって、5つ目に到着するのがバルクルム砂丘です。ここではFF11ではレベル15あたりから19くらいまで過ごす地域ですね。FF11よろしくサポートジョブの取得もこのバルクルム砂丘を舞台として行われます。

運頼みのパーティプレイが必須


とりあえず敵が強い。一人で行くと後衛職だと強いガ系魔法がないと即死します。そう、このあたりからパーティプレイを強いられます。クエストで入ったエリアに誰もいないとクリアは不可能なので、即座にリタイアするのがいいでしょう。まぁFF11でもパーティがいないとレベル上げができませんでしたからね。でも2015年のスマホゲーで2002年と同じことをさせるの?

サポジョブの仕様がヘンテコ


一緒に戦ってくれる仲間に助けてもらいつつ、運良くサポジョブ取得に必要なクエストを3つ終えることができました。レベル10前後でレベル35の敵を倒せって結構無茶言いますよね。

[caption id="attachment_133" align="aligncenter" width="800"]Screenshot_2015-10-01-20-52-19 陸ガニのふんどし、ガガンボの腹虫、呪われたサレコウベ。サポジョブ取りの基本ですよね。[/caption]

サポートジョブは、メインジョブの他にもう1つジョブを設定することで、2つのジョブの能力を使うことができる機能です。ただし、サポジョブに設定したジョブはメインジョブの半分までしか適用されません……FF11だったらね。

FFGMでのサポジョブは、サポジョブに設定するとレベルがそのジョブで上げた半分になります。なにそれ? しかもレベル1のメインジョブにレベル12のサポジョブをつけると、メインレベル1/サポレベル6という奇妙なキャラができあがります。おい、この仕様を考えたやつはFF11を知っているのか? いや、もしかしたら何かそうせざるを得ない理由があるのかもしれない。僕にはわかりませんけど。

クエストの難易度と順番がチグハグ


あと、砂丘からクエストの難易度がチグハグになりました。レベル30のシープを10体倒せっていうクエストの後に、レベル21のリーチを10体倒せって言うのはどういうことでしょうか。レベル30のシープに黒で行くと、2ターンで死んでしまうので1人じゃクリアできませんでした。

一緒に回ってくれている人が「終わらないように……」「終わらないように……」って思いながらシープを倒しに行くのは非常に心臓に悪いです。ちなみにクエストが達成できてしまうと、もうそのエリアの戦闘に参加できません。

結局ガチャで出る装備がすべて


悟りました。このゲームはいかにガチャでいい装備が引けるかどうかであると。黒であればファイガやブリザガ、サンダガといった範囲魔法があるかないかで、難易度は天と地ほどの差ができます。この差はレベルを上げようが何をしようが覆すことはできません。同じSランクの武器であってもです。だって黒はガ系魔法で範囲焼きしないと死んじゃうんだもん。

あと、当然ながらこういう強い魔法は詠唱時間が長くなりますよね、ファイナルファンタジーの伝統から言えば。しかし、FFGMの魔法に詠唱時間はありません。FFっぽいアクティブタイムバトルのバーが満タンになると、好きな魔法を選べます。選んだら即発動です。○○体倒して来い的なクエストでは、この範囲焼きが非常に猛威を振るいます。

この、ガチャですべてをまかなう方法のスマホゲーって、僕の一番キライなタイプなんですよね……。ガチャでいい装備が出ないとゴミ扱い。リセマラ前提。そんな概念はクソ食らえですわ。

結局、FFGMはバルクルム砂丘を越えて、ブブリム平原に入るところまでプレイしました。入ってすぐに受けられるクエストの敵、ブラックバードと戦って1ターンキルされたところで、心の中の線が切れて、アンインストールしました。このゲームをプレイすることはもうないでしょう。

最後に個人的な偽らざる気持ちを告白するのならば、「僕の美しい思い出のFF11を汚さないで」ということです。ただただ寂しい。

 


posted by メガトンメガネ at 02:16| Comment(2) | スマホゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アントニオ・バンデラスさん、こんにちは。
なんかググってたらたまたまここにたどり着きました。

FFGM、俺もまったく同じとこで止まったよ!
そこまでの流れも同じような感じだったので、読みながらちょっとニヤニヤしちゃいました。
Posted by Tuna at 2015年11月01日 20:35
ホセです。コメントありがとうございます。
ってTunaさんは、FF11鞄鯖で一緒に遊んでいたあのツナくん?
検索のみが頼りのページなので、そうだとしたらかなりの強運ですよ。

しかし、FFGMというのはなんだったんだろうなぁ……。
砂丘あたりから「あれ?なんかおかしいぞ」って感じるポイントでしたw
Posted by メガネ at 2015年11月02日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。