2017年09月04日

ロードバイク始めました

あれだけ来年にはロードバイクを買う、なんてことを言っていたのに、気づいたらもうロードバイクを買っておりました。

購入したロードバイクは、イタリアのメーカー「ウィリエール」の「GranTurismo R SL」(GTRSL)というモデルです。GranTurismo、いい響きですよね。読み方としては「グランツーリズモ」なのですが、僕はレースゲームの「グランツーリスモ」で車好きに目覚めたということもあり、とても気に入っています。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0117.jpg

GTRシリーズは、ウィリエールのロードバイクの種類としてはエンデュランス系に属していて、このGTRSLはその中で最上位にあるモデルとなります。その特徴は「SL」(英語だとSuper Light、イタリア語でSuperleggera)の名が示すようにフレームの軽さ。無印GTRのフレームが約1250gなのに対して、このSLは約990gと260gほど軽量になっています。

ちなみにウィリエールのレーシングシリーズとしては、フレーム重量780gのZero.7(ゼロセッテ)、重量940gのZero.9(ゼロノヴェ)、重量680g台で限定車のZero.6(ゼロセーイ)の3種類があるのですが、GTRSLはZero.9とGTRを融合させたような立ち位置になります。

フレームの素材は60トンカーボンと46トンカーボンの混合で、反応のよい硬さと乗り心地のよいしなやかさを両立させている、そんな感じらしいです。スポーツバイクにあまり乗ったことがないので、他のモデルとは比較できないんですけど。

GTRSLでの現時点の走行距離は50kmほどで、感想を語れるほど乗れていないので、今回はロードバイクそのものへの印象と付き合い方などを書いてみようかなと。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0126.jpg

全身を使って前に進む感覚が楽しい



クロスバイクよりもさらに前傾姿勢で乗るロードバイクは、脚だけでなく腹筋、背筋その他さまざまな筋肉を使って車体と自分を前に進ませます。そういった「運動をしている」という感覚が、僕のような運動不足アラフォーには楽しくあり、嬉しくあり、逆にしんどくもあり……。

とりあえず今は乗った距離に対しての体の疲れ具合がクロスバイクの時以上にあります。走っている速度が上がったから、というのもあると思うんですけど。

部屋が狭くなった



さすがにロードバイクを外に置いておけないので、自分の部屋にお迎えしております。この部屋は4.5畳な上にPC、23インチモニタ2個、PS4、Xbox 360、アケコン2個、プリンター、自分と息子の衣類、アイドルマスターシンデレラガールズ 4thLIVE BD、その他もろもろがありますので、その中に完全体の自転車があるとどうなるか、想像はできるかと思います。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0116.jpg

ただ、購入前に無駄なものをほぼ捨てて、引っ越し後に残っていたダンボールなども処分したことで、なんとかロードバイクを部屋の中に置きつつ、居住空間を確保できました。今後、頃合いを見て縦置きラックなどを購入することで、さらなる空間確保に務めたいと思います。

街乗りは変わらずクロスバイクで



ロードバイクは気軽には乗れません。低速で走るのが苦手とか、段差があるところがつらいとか色々と理由はあるんですけど、一番は街中に置いて盗まれるのが怖いってところですね。お店から乗って帰っていて、コンビニに立ち寄る時さえもドキドキしました。もちろん鍵はつけていてですよ。

でもここは想定通りというか、家族で自転車に乗ってどこかに行く時はSirrusで行きます。

すごいスピードをいきなりは出せない



ロードバイクに乗れば速いスピードで爆走できる、そんなことを思っていた時もありました。ロードバイクは車で言えばスポーツカークラス以上のシャーシ、ドライブトレインがあるようなもんですけど、エンジンは自分なので最高速はクロスバイクの時とほぼ変わりません。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0118.jpg
初ビンディングペダルはTIMEのXPRESSO1です。なかなかすぐにクリートをはめられない。

ただ、足回りがよくなったので、加速力は明らかに上がりました。あまり負荷がかからないギアで、普通にペダルを回しているつもりでも気づいたら28km/hとかで走っていたりする。そこから35km/hくらいまでの加速も、クロスバイクの時より楽になった気がします。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0122.jpg
タイヤはコンチネンタル GRANDPRIX 4000 SII、ホイールは完成車標準のシマノWH-RS010です。

結局のところ、スピードを上げたかったらエンジン(自分)を鍛えるしかないという結論に達しました。平坦で40km/hから先がマジきつい。とはいえ、街中ではそんなにかっ飛ばせるだけの道も少ないんですけどね。
posted by メガトンメガネ at 21:00| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]