2018年03月18日

(ネタバレ注意)ランス10がとても楽しかった

18禁エロゲーの最古参シリーズとも言えるアリスソフトの「ランス」、その最新作「ランス10 -決戦-」が2月23日に発売された。

僕はこのランスシリーズを過去に少しだけプレイしたことがある。1991年に発売された「ランス3 リーザス陥落」と1996年に発売された「鬼畜王ランス」の2作。

よく考えてみたら、僕が3と鬼畜王に触れていたのは奇跡とも思えるタイミングだった。3は魔王や魔人の設定が確立した作品で、鬼畜王は膨れ上がった世界設定を一旦まとめ上げた作品(ただし、if物語という扱い)である。そして、ランス10は鬼畜王でブチ上げたランス世界のルールをもとに、以後の正史ストーリーを織り交ぜながら、完結作品として昇華させた。

その2作でしかランス世界に触れていなかった僕だけど、ランス10の深みにハマってしまい、50時間以上も楽しむことができた。あまりにも楽しんでしまったので、記念としてその感想を残しておきたい。この記事にはランス10の重大なネタバレが含まれているので、もしまだ興味があるけどプレイをしていない人がいたら、ブラウザを閉じるかバックしてほしい。

続きを読む


posted by メガトンメガネ at 11:00| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

安いSteamの名作を動かしたいならグラボはGeForce GTX1050で決まり

グラボを買いました。10月に発表されたエントリーゲーミングPC用グラボ「GeForce GTX1050」です。

[caption id="attachment_423" align="aligncenter" width="680"]「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB Mini」秋葉原のドスパラパーツ館で15,000円で購入。 「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB Mini」秋葉原のドスパラパーツ館で15,000円で購入。[/caption]

このグラボ、秋葉原のドスパラパーツ館の店頭で税込15,000円だったんですが、最新のエントリーモデルのグラボってこんなにすごいのかと思わされましたよ。

内蔵GPUではやっぱり3Dゲームはきつかった


実はこのグラボ、嫁のPCに搭載する用に買ったんです。今までAMDのA8-7600に搭載されている内蔵グラフィック機能を使って「Titan Quest」などをたまにやっていたんですが、ちょっとMMORPGをやりたくなったみたいで。しかもバリバリ戦うやつじゃなくて、生産が楽しいやつをやりたいということで、最初は「黒い砂漠」にチャレンジしていました。しかし、あまりにもスペック不足で起動すらしない。

[caption id="attachment_424" align="aligncenter" width="680"]背面にはDVI-I、Displayport、HDMIの3つがついています。 背面にはDVI-I、Displayport、HDMIの3つがついています。[/caption]

次に「アーキエイジ」をインストールして、そっちはうまく起動したんですが、どうにもカクカクだし、頻繁にクライアントが落ちる。それでも本人は満足そうではありましたが、見ているこっちがイライラする(笑)。というわけで、本人にはグラボをそのうち買おうか、って伝えておきましたが、伝えたその日に僕が買ってきました。

でもせっかく買ったんだから、今使っている「GeForce GTX760」と比べてどれくらいの性能差があるのか、試してみることにしました。グラボのベンチを比較用に取っていると、昔やっていた自作パソコン雑誌の編集時代を思い出します。

[caption id="attachment_425" align="aligncenter" width="680"]GTX760とGTX1050を比べると、GTX1050のコンパクトさがよりわかると思います。しかも外部電源がいらない! GTX760とGTX1050を比べると、GTX1050のコンパクトさがよりわかると思います。しかも外部電源がいらない![/caption]

その前に自宅PCのスペックですが、以下のようになっております。

CPU:Intel Core i5-4690
メモリ:8GB
GPU:GeForce GTX760(メモリ2GB)

2世代前のミドルレンジが負ける


このスペックで取った新生FF14のイシュガルドベンチの数値は、1920×1080ドット&最高画質で6260。とても快適という結果になっています。まぁ実際に快適にプレイしていましたよ。

004

次にグラボを差し替えて、GTX1050で取ったベンチの数値は、なんと6992! 3年前(実際は2014年1月に買ったから2年と11ヶ月前)に27,000円くらいで買ったGTX760よりも、15,000円で買ったGTX1050のほうがスコアが1割以上もいいんです!

005

この結果にはなかなかガツンときました。予想ではいい勝負かちょっと及ばないくらいだろうと見ていたからです。そうか〜、今のエントリーモデルのスペックはここまで来ているのかと。

2014〜5年の3Dゲームだったらほぼ快適に動くレベル


僕は現時点でGTX760を使ってSteamのゲームをプレイしていますが、500〜2000円くらいまでの値引きで売られているゲームに関しては高画質設定で問題なく遊べています。ということは、家にデスクトップPCがあってPCでゲームを遊んでみたいなって人は、このGTX1050を買えばなんとかなってしまうのです。

PC一式から揃えるとまだ家庭用ゲーム機のコストパフォーマンスには負けますが、手軽にPCゲームを楽しんでみたい人にはベストバイのグラボであると思いました。いや、本当にこのグラボがあればたいていのゲームは動きますよ。

ちなみに嫁のPCにGTX1050を乗せた状態と同条件(1280×720、DirectX9、最高画質)で比較をしてみました。

[caption id="attachment_428" align="aligncenter" width="680"]こちらがCore i5-4690&GTX760のもの。スコアは13069。 こちらがCore i5-4690&GTX760のもの。スコアは13069。[/caption]

[caption id="attachment_430" align="aligncenter" width="680"]こちらはA8-7600&GTX1050のもの。スコアは8289。 こちらはA8-7600&GTX1050のもの。スコアは8289。[/caption]

さすがにCPUの差が思いっきり出ましたね。まぁ購入当時でもCore i5-4690とA8-7600では2倍以上の価格差がありましたから。
posted by メガトンメガネ at 00:47| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

1000円で充実の物語を味わえるRPG『Undertale』

僕が2016年にプレイしたRPGの中で、ペルソナ5に並ぶと言えるほど楽しめたタイトル。それが1000円で買える『Undertale』だ。

001

なお、この記事を書いている最中はオータムセール中であり、11月30日の午前5時くらいまでは1000円どころではなく500円で購入できる。

002



『Undertale』は、アメリカのゲーム作曲家であるToby Fox氏が開発したRPGで、2015年9月に発売された。本作のゲーム中の言語は英語であり、現在も日本語には対応していない。しかし、有志による非公式パッチがアップロードされているので、日本語でも遊ぶことができる。なお、本記事は非公式日本語化パッチを適用したバージョンをもとに書いています。

非公式日本語化パッチのサイトはこちら

それでは『Undertale』がなぜ僕を魅了したのか、まだこの素晴らしいタイトルをプレイしていない人に向けて、紹介していこう。

002

地下世界で紡がれる、ちょっと奇妙で愛(love)にあふれる物語



本作の主人公は、ひょんなことからモンスターが住んでいる地底世界に落ちてしまった人間の子供。ゲームは、この子供を操作して地底に住むモンスターたちと交流し、時には戦いながら、人間世界へと脱出することが目的となる。

003

004

お花畑の上で目覚める人間の子供。これがプレイヤーの操る主人公だ。
お花畑の上で目覚める人間の子供。これがプレイヤーの操る主人公だ。

と、あらすじだけを書くと普通のRPGのように思える。しかし、本作のキーワードは愛(love)である。本作に登場するキャラクターは、主人公を除けば、姿形はすべてモンスターだ。ただ、初めから主人公に対して敵意を持って接してくるキャラクターは少ない。

基本的にみんな奇妙で、楽しくて、そして優しい。

006
気弱で過剰なまでの気づかいを見せる幽霊のNapstablook。でも幽霊だから攻撃は通じない。

雪に覆われた街・SNOWDINではクリスマスにあわせてサンタからのプレゼントであふれている。
雪に覆われた街・SNOWDINではクリスマスにあわせてサンタからのプレゼントであふれている。

ゲーム画面を見ればなんとなくわかるかもしれないが、作者は『MOTHER』シリーズの大ファンであり、その影響は『Undertale』にも表れている。街中のキャラクターたちのセリフにしても、どこか糸井重里っぽさを感じずにはいられない(これは日本語訳をした有志たちがそう捉えたのかもしれないけど)。

前向きな地底世界の住人たち。
前向きな地底世界の住人たち。

本作はSFC時代にRPGをたくさんプレイしていて、古き良きウィンドウ型のコマンド式RPGが好きな人たちには特におすすめのRPGである。

プレイ開始30分で訪れる衝撃


エボット山の山頂から地底世界に落ちてしまった主人公は、奇妙な喋る花のFloweyにこの世界での生き方を教えてもらった後、母性の塊のようなヤギ型モンスターのTorielと出会う。

009

Floweyの次に出会うモンスター、Toriel。完全にママ。
Floweyの次に出会うモンスター、Toriel。完全にママ。

主人公を我が子として手を引き、この世界での過ごし方を懇切丁寧に教えてくれるToriel。自宅で編み物をしながら夜には大好きなバタースコッチパイを作ってくれるToriel。そして主人公を優しく諭しつつ、この世界についてはぐらかして教えてくれないToriel。


Torielはいつも主人公のことを思って、守ってくれる。

いきなり直球で聞くことも可能だ。
いきなり直球で聞くことも可能だ。

画面内にあるいろんなオブジェを調べて、そのテキストを読むのも楽しみの1つ。
画面内にあるいろんなオブジェを調べて、そのテキストを読むのも楽しみの1つ。

そして主人公が見るものは。

014

Torielと別れた後も地底世界での主人公の冒険は続く。人間が来ないように見張りを続けるSansとPapyrusというスケルトンの兄弟、地底世界の防衛隊長を務めるUndyne、地底世界の科学者であるAlphys、そして地底世界の王であるAsgore。

道中で出会うSansとPapyrusのスケルトン兄弟。敵という立場にある彼らだが、とても愛嬌のある性格をしている。
道中で出会うSansとPapyrusのスケルトン兄弟。敵という立場にある彼らだが、とても愛嬌のある性格をしている。

皆それぞれ自らの意志の元に行動している。しかし、邪悪な者はおらず気のいい連中ばかりである。時として主人公の前に立ちはだかる彼らを倒すかどうか、それはプレイヤーに委ねられている。

見慣れない戦闘コマンド「mercy」


本作の戦闘は相手からの攻撃が弾幕STGのような形で表示される。ハートマークを自機として、相手が繰り出す弾や地形に当たってしまうとHPが減る。戦闘では攻撃をしなければいけないわけではなく、弾をかわしてやり過ごすことも可能だ。

画面中央の四角の中にあるハートマークが主人公。白い欠片に当たるとHPが減ってしまう。
画面中央の四角の中にあるハートマークが主人公。白い欠片に当たるとHPが減ってしまう。

本作の特徴の1つとして「mercy」(慈悲)がある。相手に慈悲を与えて、逃がすことができるのだ。このmercyができる状況はいくつかあって、相手にある程度のダメージを与えたり、相手ごとに決められたやり取りをした際にmercyすることができる。

017

018

mercyをすると経験値(EXP)をもらえないが、お金をもらうことはできる。EXPがもらえないので、LV(LOVE)はあがらない。相手を倒してEXPを稼ぐのもいいし、倒さずに見逃してもいい。LVが上がっていないとボス戦で苦労をするので、本来ならば倒したほうがいいんでしょうな。

なるべくなら前情報を入れずにプレイしてもらいたい



ここまで読んで、ゲームの内容がよくわからんとモヤモヤしている人もいるかもしれない。この記事の目的は、できるだけ物語の内容には触れずに、少しでも『Undertale』に興味を持ってくれる人を増やすことにある。

019

020

面白い部分や気に入っているシーンを紹介しようとすると自然とネタバレになってしまうという、ある種のジレンマを感じながら本記事を書いている。

できることなら自分の記憶を消してもう一度プレイしたい。『シュタインズ・ゲート』や『カオスチャイルド』などで自分が得られたような、心地よい読後感を体験できるのがこの『Undertale』であると言っても過言ではない。

そんなに時間がかかるゲームではないので、1回目のエンディングにたどり着くにはおそらく5〜7時間もあれば十分なはずだ。ちなみにそのエンディングでは……おっとこれ以上は言えない。それでもあえて言うのであれば、これまでのRPGで体験したことのない衝撃があなたを襲うことだろう。





強くおすすめするのはサントラ付きパック。101曲も入っている上にどの曲もハズレなし! 8bit Music全般かと思いきや、リアル楽器系音源も巧みに融合されていて、メロディーごとの曲の広がりがハンパない。
posted by メガトンメガネ at 01:11| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

【MHP2G】ボウガン始めました

プレイ時間が300時間を突破しました、メガトンメガネです。
いやー、それでも進行状況としてはまだまだですね。
本当に時間泥棒ですよ、このゲームは。

それにしてもG級のモンスターは手強い!
剣士用の上位防具で2発くらい、ガンナー用の上位防具だと
カスったくらいで死ぬんですが?


そしてここに来てボウガン系を使い始めました。
それもヘビィボウガンを。周りで使っている人がいないので
やり方を聞くことができないのが難点ですが、素材だけはあったので、
いきなりRARE9の「S・アルバレスト改」を作成。

でも、これまでずーっと剣士のみだったので
防具は何を買えばいいのかわからない……。
とりあえず耳栓が付く(と思われる)装備を買いました。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

【MHP2G】G級への道

さて、前回グラビモス亜種を倒したことでG級への道が見えてきました。

HR6からHR7(G級)へ上がるためのキークエストは、

「黒き角竜の猛攻」(ディアブロス亜種)
「湿地帯の黒き鎧」(グラビモス亜種)
「空は蒼、大地は桜」(リオレウス亜種、リオレイア亜種)
「禁断の地の銀竜」(リオレウス希少種)
「幻の金竜を探して」(リオレイア希少種)

の5種類。この5つをクリアすると、
緊急クエストとして「迫り来る仙高人」(シェンガオレン)が、
さらにその次には「起源にして、頂点」(アカムトルム)が登場します。

リオレウス、リオレイアが出るクエストは、1人では時間切れになりそうだったので、会社の人たちに協力してもらって倒しました。ディアブロス亜種は、まぁ攻撃力は高いものの、絶望的ではないので1人でも何回かの挑戦でクリア。

さて、いよいよ緊急クエストです!

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

【MHP2G】激戦! 集会所★8グラビモス亜種

前回の「最後の招待状」をクリアしたら、ちょっと達成感が得られたので
「異常震域」ソロ挑戦のことは忘れました。

そんなわけでハンターランク6になりました!
G級まであと1歩というわけですな。ヌハハハハ。

全部のクエストをみんなに助けてもらう、というのも
私の性格上、少々アレなので、できそうなクエストは
自分でもやってみようかと思いました。

そこで選ばれたのが、キークエスト「湿地帯の黒き鎧」。
倒すべきモンスターは「グラビモス亜種」です。

片手剣とは破滅的に相性が悪いと思われるグラビモス。
倒すべき方法はただ1つ、「睡眠爆破」です。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

【MHP2G】「最後の招待状」に挑戦!

まだまだモンハン熱は冷めません、メガトンメガネです。

MHP2Gの舞台となるポッケ村では、3ヵ所でクエストを受けることができます。
「村長」から受けられるのが村下位、「ネコートさん」から受けられるのが村上位、そして集会所で下位、上位、G級の3つ。

表示されている村下位クエストを全てクリアすると、
最後の最後として、もう1つクエストが追加されます。
それが、ラージャン2頭と続けて戦う「最後の招待状」。

村長が村上位をやってからのほうがいい、というので
ビビッて挑戦すらしていませんでした。

が、あまりにもティガレックス2頭に勝てないので、
気分転換に挑戦してみることに。

さて、どうなることやら。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

【MHP2G】村上位アカムトルムを撃破!

こんばんは、強敵に挑み続けてはリセットを繰り返す毎日のメガトンメガネです。
今のプレイ時間は190時間くらいなんですが、
リセットしてる時間を含めると250時間くらいは経ってそうですね。

そんなわけでモンハンを激しくプレイしているわけなんですが、
村★9の緊急クエスト「最終極秘依頼 覇竜討伐!」を
5回目くらいの挑戦でやっとクリアできました!

いやー、つらかったです。
何がつらかったって、時間との勝負だったってところ。
3回ほど残り1分での3オチ(時間がなくて特攻した)を経験しまして、
クリア時も残り2分30秒ってところでした。

えっ? 「異常震域」はどうしたのかって?
すみません、ちょっと何言ってるかわかんないです。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ティガレックスが倒せない

気が付いたらいつも同じ山ばかりプレイ
そしていつも同じパターンで死ぬ
諦めずに1頭ずつ挑戦するけど、すぐに2頭で来るよ

そんなわけで中盤の山場である、
集会所★8つ(HR5)の緊急クエスト「異常震域」で手間取っております。

武器は片手剣(雷神剣キリン)で
防具はザザミS頭、ギザミS胴など。

周りの猛者たちに手伝ってもらえば、たぶん楽勝だとは思うのですが
今回は心が折れるまでソロでやってみようかと。

1匹1匹ならなんとかなりそうなんですけど、
なんでヤツラは2匹で群れるかな! マジ勘弁してほしいんですけどー。

離れるのを待ってるだけで時間が過ぎていきますよ。
ふとした瞬間に力尽きやすいのもそうなんですけど、
時間切れになるのが一番やるせない気持ちになりますね。

まったくもう!
posted by メガトンメガネ at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

モンハン始めました

またもや期間が空いてしまいました。メガトンメガネです。
前回の公開時に、次回は神威です、ってお伝えしましたが、
あれももう1ヵ月前の話なんですよね……。
最近、時間が非常に早く経つのを感じますね。

で、やっぱり神威はちょっと後回しにして、
今回は「いまさら!?」という声も多いでしょうが、「モンスターハンター」をプレイし始めました。
もちろん、3月に出たPSPの「MHP 2nd G」です。

実はワタクシ、モンハンシリーズをきちんとプレイするのはコレが始めて。4月より仕事先の部署が新しくなりまして、新たにお仕事をするライターさんから、モンハンの記事をやりたい、というご相談を受けまして、それならば私も始めないとイカンだろう、というのが始めた第1歩であります。

そしてモンハンを始めた時期は4月下旬、25日くらいでした。
今は6月中旬ということで、もう少しで2ヵ月ですよね。

とりあえず現状を報告いたします。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

逆転裁判4を買った、そしてクリアした

村の上の龍と書いて、メガトンメガネですこんにちは。

4月12日に発売された逆転裁判最新作、逆転裁判4!
もちろん真っ先に買いました。そしてつい昨日クリア!
いやー、一気にカカッとやってしまいました。

うん、面白かったですよ。
でもね、ちょっと気になる部分も多いかなー、という印象でした。


【ネタバレ注意】
posted by メガトンメガネ at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

レッツゴー!陰陽師

ドーマンセーマン!

一部で有名な豪血寺一族の特典映像のようです。
実際の動画のほうは続きを読むでどうぞ。


去年の5月からアップされていたんだけど、当時は全然気がつかなかったなぁ。インターネットの海は広い。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

幻想水滸伝3をようやくクリア〜

やりゲー(やりっぱなしでほったらかしのゲームをちゃんとクリアしてあげよう)施策で進めていた幻想水滸伝3ですが、ようやくクリアできました!

プレイ時間はだいたい70時間。最近のRPGだともうちょっと軽めに仕上げてあることが多いので、ここまでかかるのは意外でした。

幻想水滸伝4はこれよりも半分くらいで終わったしね。


続きを読む
posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

幻想水滸伝3進行状況【現在第4章】

先日のやりっぱなしのゲームをクリアしようキャンペーンに
のっとりまして、幻想水滸伝3をチマチマと進めております。

無事にゲド編3章、ヒューゴ編3章をクリアし、
いよいよ核心へと話を進めていく、4章になりました。
ちなみに4章突入時点で、プレイ時間50時間強。

この時点で、幻想水滸伝4のプレイ時間を超してる
気がするのですが、さすがに主人公がいっぱいいると長いわ。
まぁ、この時間は寝落ち、食事時間も含むんですけど。

仲間もだいぶ集まってきまして、シナリオ進行で入ってくる仲間以外(フリーキャラ)は残り2〜3人になりました。3は期間限定で仲間にするタイミングとかがなくていいね。後ろに回しても大丈夫。

ちなみに真の炎の後継者はクリスになりました。
posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

やりっぱなしのゲームをクリアしようキャンペーン

先日、首都高バトル01とFF3をクリアしたのを皮切りに、途中でやりっぱなしのゲームを地道にクリアしていこうキャンペーンが始まりました。私の中で。

まぁ、このキャンペーンは年に数回来るんですけどね。


続きを読む
posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ゲーム2本クリア

つい先日、首都高バトル01をクリアしました。
2003年発売のゲームで、ほぼ発売日に買ったにもかかわらず
3年たったいまクリアするという・・・

だって長かったんだもん。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

マリオカートDS&どうぶつの森ざんまいに

こんばんは、レビです。

話題のDS新作ゲーム、マリオカートDSとどうぶつの森を買っちゃいました!
どちらも無線LANを使用した交流がウリのDSキラーソフトです。

この年末に、この2つに加えて、ポケモン不思議なダンジョンなど、
これもまた注目のソフトが登場してきていて、今年の任天堂はやりますね!
NINTENDO 64、ゲームキューブといまいちパッとしない状況が続いてるなか、
ニンテンドーDSはかなりの大ヒットハードとなったのではないでしょうか。

ライバルであるPSPも、ようやく気になるソフトが出てきたように見えるものの、
どうしても旧作のリメイクばかりが目につきます。
ここで、続編でもよいので、大作が登場してこない限りは巻き返しが難しいのではないでしょうか。

まぁ、うちのPSPはある意味大作ぞろいなんですけどねー。
PSPの新作ゲームをやるときは、新しくもう1台買います。

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 01:58| Comment(7) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

A列車で行こう3

唐突ですが、A列車で行こう3をはじめました。


A3.jpg


このゲームは私が中学1年生のときに出たゲームで、
PCでプレイした初めてのゲームだったりします。
いままでファミコンのゲームしかしらなかった私にとって衝撃となるゲームでした。

まず、箱が豪華!!! パソコンゲームでは普通のサイズですが、(普通がでかい)
ファミコンではキングサイズとなる光栄のゲームをはるかにしのぎます。
A4サイズくらいですかね?

さらに、マニュアルが分厚い!!! コレ自体が攻略本かなにかですか?
と言いたくなるくらいの厚さです。一冊の本ですよ。

さて、そのゲーム内容なのですが、続きを読む
posted by メガトンメガネ at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

UCGO

アップデートできてませぇん!

ダウンロード.jpg
posted by メガトンメガネ at 11:36| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

ユニバーサルセンチュリー

仕事から帰ってきて、郵便受けを見てみると……
なんか見慣れない郵便物が入っている。

ガンダムオンラインのユニバーサルセンチュリーのベータテスト用CDが
送られてきていました!

続きを読む
posted by メガトンメガネ at 15:01| Comment(2) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。