2017年09月18日

ウィリエール GTR SL ファーストインプレッション

我が家にロードバイク「ウィリエール GTR SL」が来てから2週間ほど経過しました。その間の走行距離は約200kmほど。正直、まだこの自転車についてわかっていないことだらけなんですが、最初のうちの気持ちも残しておく意味で感想を書いてみます。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0116.jpg

前もって言っておくと、自分のこれまでのロードバイク経験はほぼないので、他の車種との比較はできません。せいぜい、Sirrus(クロスバイク)との比較くらい。そのあたりをご了承いただければ幸いです。

GTR SLってそもそもどういうロードバイクなんだ


このウィリエールのGTRというシリーズは、グランツーリズモ(英語で言うとグランドツーリング)という名前が示す通り、長距離での走行に適したモデルとされています。シリーズの初出は2011年で、「R」がつかない「グランツーリズモ」という名前でした。当時はフレーム価格26万7000円とアッパーミドルクラスに位置していたようです。アルテグラ搭載モデルでだいたい40万円くらい。ちょっと最初の1台としてはお高いですよね。

2014年にはエントリーグレードとしてグランツーリズモR(105完成車24万8000円)が登場し、2016年にはグランツーリズモRシリーズの最上位モデルとして、グランツーリズモR SL(105完成車36万3000円)が登場しました。

GTR SLは、初代「グランツーリズモ」と「Zero.9」それぞれの後継車種という印象です。ちなみに、イギリスの自転車雑誌「CYCLING PLUS MAGAZINE」の2016年最優秀バイクとして表彰されたようです。しかし、このGTR SLはわずか2年で終了となりました。

本当は僕、エントリーグレードのグランツーリズモRにする予定だったんですよ。1台目だし、とりあえず自分の身の丈に合ったものをと思って。でも前述の生産終了にあわせて大幅な値引きがされていたのと、「PUNTO ROSSO」の店員さんいわく、「乗ろうと思ったグレードよりも上のものを選ぶと後悔が少ない」という“うまい殺し文句”により、GTR SLを選ぶことを決意しました。

注文するその日まで超絶悩んだんですが、この決断は間違っていなかったと思います。ただ、予算大幅オーバーにより、冬のボーナスはなくなりました。

乗り心地&運転しやすさはGOOD!


GTR SLのフレームは、高弾性の60トンカーボンと46トンカーボンの組み合わせで作られています。ウィリエールのレーシングバイクにあたる「Cento 1 SR」のフレームは60トンカーボンオンリーで作られていて、巷の評判を聞く限りメッチャ硬いフレームのようです。フレームが硬いということは、踏力への反応がよいものの、逆に足への負担も高いということになります。剛脚さん向け。

んで、このGTR SLはどうなのか。高いロードバイクは体ができていないと辛い、みたいな先入観があったので心配していたんですが、GTR SLは乗り心地がいいんですよ。

前述したように乗り比べたわけではないので比較はできないんですが、路面の細かな振動がカーボンフォークのおかげでいい感じにいなされている感じ。Sirrusで走っていた時は「この道ガタガタしてて走るの嫌だな〜」って思っていた道も、問題なくハンドルを持っていられます。青梅街道、君のことだぞ。あと、青いラインに「自転車専用」って書いてある部分、あそこもダメ。

加えて、足が疲れる感じも特になくて、50kmくらいの距離を淡々と走っている程度では、負荷をかけない限り「疲れた〜」ってなりません。逆にこの程度の距離を走る時は、適度にスプリントや坂道を混ぜて負荷を強めにしないとダイエットにもならないかな、と思っちゃうくらいです。

Prologoのサドルも自分に合っているのか、お尻が痛くなったことはまだありません。Sirrusの時もお尻が痛くなったことがほぼないので、2台続けてこれはラッキーだなと。100km以上走ったらわかんないですけどね。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0110.jpg
お店のサービスで通常のサドルよりもワンランク上の「Prologo NAGO CPC」をつけてもらいました。

スピードはそこそこ(エンジンが非力なため)


クロスバイクを間に挟んでいるせいか、「スピードがすげえ出る!」という印象はありませんでした。ただ、Sirrusの時と比べると同じスピードを出すのがすごい楽。Sirrusの時は25〜28km/hくらいで走り続けるには結構しんどかったんですが、GTR SLでは適度な重さでペダルをくるくる回しているだけで28km/hとか普通に出てる。

そして、前の自転車を追い抜きたいな、って時に軽くスプリントをかけると、35km/hくらいまでは一気に加速できちゃう。カーボンはアルミと比べると踏み始めから加速までタメがあるなんて聞きますけど、いやいや、十分な加速感ですよ。

ただ、平地での最高速は45km/hくらいと、Sirrusと比べてあんまり変わらないというか。これはそもそも搭載しているエンジン(本人)が非力なんだからだと思います。みんな、平坦な道で何km/hくらい出るもんなんですかね〜。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0158.jpg
ペダルはTIMEのXpresso 1を装着。ビンディングシューズも使っているので、グイッと踏んでも足が外れる心配がないのがいいですね。

坂道もそこそこ登れるっぽい?


最近、意図的に坂道を登るようにしています。というのもGTR SLというモデルはエンデュランス系の味付けながらフレーム重量1kg未満と軽量バイクっぽさもあるわけで、どちらかと言えばオールラウンダーに位置するバイクだと思っているからです。

んで、坂道を登るのはどうなのか。これはもう体ができていないので当たり前なんですが「疲れる」の一言。ホイールが完成車そのままのRS010な時点でヒルクライムの準備がまだまだとはいえ、バイク的にはエントリーモデルと比べれば坂道もイケるんじゃないかと。

まだ坂道らしい坂道を登ったのは聖蹟桜ヶ丘のいろは坂くらいなので、色々なところに行ってみたいと思います。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0141.jpg
聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を登った先にあるロータリー。あのジブリ映画でおなじみですね。

GTR SLにしてよかったと思ったこと



こんなことを考えるのはまだ早いんですが、シリーズ最上位モデルを所有したことで、「上のモデルにすればよかったなぁ」と思わないことがGOOD! もちろん、車格という意味では上のモデルは「Cento 1 SR」や「Zero.7」などあるのですが、それらはそもそもレーシング向けのバイクなわけで、求める目的が違ってきてしまうのです。

他のモデルに目移りすることなく、末永く乗っていけそうな気がします。レースに使えないわけでもありませんしね。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0170.jpg

でもダウンチューブのWilierロゴは黒に黒じゃなくて、赤地に黒とか、ここだけ白とかのほうが自己主張があってよかったかなぁ。目立たないカラーリングなので、色々なパーツやウェアを合わせやすいというメリットもあるから、一長一短ではありますが。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0115.jpg
目立たないWilierロゴ。

あと、今さらなんですが、GTR SLに乗ったことでCannondaleのCAAD12のデキの良さも感じられた気がします。あのアルミロードすげえ。

次の感想は半年後、もしくは1000km走った後くらいですかねー。もっともっとこのバイクの真価を感じられるように走り込んでみます。
posted by メガトンメガネ at 13:45| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ロードバイク始めました

あれだけ来年にはロードバイクを買う、なんてことを言っていたのに、気づいたらもうロードバイクを買っておりました。

購入したロードバイクは、イタリアのメーカー「ウィリエール」の「GranTurismo R SL」(GTRSL)というモデルです。GranTurismo、いい響きですよね。読み方としては「グランツーリズモ」なのですが、僕はレースゲームの「グランツーリスモ」で車好きに目覚めたということもあり、とても気に入っています。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0117.jpg

GTRシリーズは、ウィリエールのロードバイクの種類としてはエンデュランス系に属していて、このGTRSLはその中で最上位にあるモデルとなります。その特徴は「SL」(英語だとSuper Light、イタリア語でSuperleggera)の名が示すようにフレームの軽さ。無印GTRのフレームが約1250gなのに対して、このSLは約990gと260gほど軽量になっています。

ちなみにウィリエールのレーシングシリーズとしては、フレーム重量780gのZero.7(ゼロセッテ)、重量940gのZero.9(ゼロノヴェ)、重量680g台で限定車のZero.6(ゼロセーイ)の3種類があるのですが、GTRSLはZero.9とGTRを融合させたような立ち位置になります。

フレームの素材は60トンカーボンと46トンカーボンの混合で、反応のよい硬さと乗り心地のよいしなやかさを両立させている、そんな感じらしいです。スポーツバイクにあまり乗ったことがないので、他のモデルとは比較できないんですけど。

GTRSLでの現時点の走行距離は50kmほどで、感想を語れるほど乗れていないので、今回はロードバイクそのものへの印象と付き合い方などを書いてみようかなと。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0126.jpg

全身を使って前に進む感覚が楽しい



クロスバイクよりもさらに前傾姿勢で乗るロードバイクは、脚だけでなく腹筋、背筋その他さまざまな筋肉を使って車体と自分を前に進ませます。そういった「運動をしている」という感覚が、僕のような運動不足アラフォーには楽しくあり、嬉しくあり、逆にしんどくもあり……。

とりあえず今は乗った距離に対しての体の疲れ具合がクロスバイクの時以上にあります。走っている速度が上がったから、というのもあると思うんですけど。

部屋が狭くなった



さすがにロードバイクを外に置いておけないので、自分の部屋にお迎えしております。この部屋は4.5畳な上にPC、23インチモニタ2個、PS4、Xbox 360、アケコン2個、プリンター、自分と息子の衣類、アイドルマスターシンデレラガールズ 4thLIVE BD、その他もろもろがありますので、その中に完全体の自転車があるとどうなるか、想像はできるかと思います。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0116.jpg

ただ、購入前に無駄なものをほぼ捨てて、引っ越し後に残っていたダンボールなども処分したことで、なんとかロードバイクを部屋の中に置きつつ、居住空間を確保できました。今後、頃合いを見て縦置きラックなどを購入することで、さらなる空間確保に務めたいと思います。

街乗りは変わらずクロスバイクで



ロードバイクは気軽には乗れません。低速で走るのが苦手とか、段差があるところがつらいとか色々と理由はあるんですけど、一番は街中に置いて盗まれるのが怖いってところですね。お店から乗って帰っていて、コンビニに立ち寄る時さえもドキドキしました。もちろん鍵はつけていてですよ。

でもここは想定通りというか、家族で自転車に乗ってどこかに行く時はSirrusで行きます。

すごいスピードをいきなりは出せない



ロードバイクに乗れば速いスピードで爆走できる、そんなことを思っていた時もありました。ロードバイクは車で言えばスポーツカークラス以上のシャーシ、ドライブトレインがあるようなもんですけど、エンジンは自分なので最高速はクロスバイクの時とほぼ変わりません。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0118.jpg
初ビンディングペダルはTIMEのXPRESSO1です。なかなかすぐにクリートをはめられない。

ただ、足回りがよくなったので、加速力は明らかに上がりました。あまり負荷がかからないギアで、普通にペダルを回しているつもりでも気づいたら28km/hとかで走っていたりする。そこから35km/hくらいまでの加速も、クロスバイクの時より楽になった気がします。

image/_wp-content_uploads_2017_09_IMAG0122.jpg
タイヤはコンチネンタル GRANDPRIX 4000 SII、ホイールは完成車標準のシマノWH-RS010です。

結局のところ、スピードを上げたかったらエンジン(自分)を鍛えるしかないという結論に達しました。平坦で40km/hから先がマジきつい。とはいえ、街中ではそんなにかっ飛ばせるだけの道も少ないんですけどね。
posted by メガトンメガネ at 21:00| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

クロスバイク「Specialized Sirrus」インプレッション

このSpecializedの「Sirrus」というクロスバイクを買って約3ヶ月半。だいたい500kmほど走りまわったので、改めてSirrusについての感想を残しておきます。

image/_wp-content_uploads_2017_05_R0022203.jpg

Sirrusのインプレッションがあんまりない



個人的にSpecializedはアメリカのスポーツ自転車メーカーとしては、Trek、Cannondaleに次ぐ3番目に有名なメーカーだと思っているわけなんですが、クロスバイクとしてはSpecializedの影は薄い。

おそらくなんですが、2016年モデルまでは価格が高かったんですよね。フルシマノと言えど、他社の同じ構成のクロスと比べると1万円くらい高い。きっとパーツでは表せない部分で高いゆえの理由があったんだと思いますが、65,000円でコンポーネントがAltus、フォークがスチールではやっぱり厳しいんじゃないかと。

2017年モデルではブレーキがノーブランドに、フロントディレイラーがTouney(一番下のグレード)になり、55,000円に値下がりになりました。価格競争力という点では他社に追いついた。でもやっぱり乗っている人はあまり見ない(近所で1人だけいました)。そんなクロスバイクがSirrusでした。個人的にはそういうのはレア感があって好きですけどね。

スピードに夢中にならずにそこそこの距離を走れる



ここでは初期装備を基準に感想を書いてみます。これまでシティサイクル(ママチャリ)に乗っていて、初めてクロスバイクに乗るような人であれば、おそらくスピード感に心が震えると思います。これはある一定以上のクロスバイクでもだいたい同じ。

image/_wp-content_uploads_2017_05_20170521_123714-700x394.jpg

その上でSirrusの利点は何かと言うと「街の中のどこでも走れそうな安心感」、これに尽きますね。タイヤ幅が32Cで、これだけでも安定志向なんだろうなという気持ちになれますが、それを支えるのがタイヤ「Nimbus Sport Reflect」とチューブ。どちらもSpecializedの通販サイトで購入できるものですが、タイヤの重さはなんと1つ625g、チューブも154gあります。

触ってみるとどちらも堅牢で、「絶対にパンクなんかさせねえぞ」っていう気合が届いてくるようです。マジで。

ただ、やっぱり600g超のタイヤは重くて、平地では30km/hくらいからペダルを回しても回してもスピードが上がらなくなります。すっごいがんばって35km/hくらいなんで、純正状態ではそういうスピードで爆走するような自転車ではないんだな、ということがわかりました。

ブレーキは効き十分ながら前輪が音鳴きする


ブレーキはシマノ製ではなく、PROMAX製のブレーキを搭載しています。Vブレーキなので効かないということはないんですが、制動力が急激に立ち上がる感触で、慣れないうちは前のめりになってしまうこともしばしば。

そして、強めにブレーキをかけた時に音鳴きすることが多く、結構なストレスを感じました。後輪は特にキーキー言わないんだけどなぁ。

フレームの剛性は高く、ガシガシとトルクをかけやすい


同時に試乗したEscape R3と比べると、フレームそのものの剛性は高く、強めにトルクをいかけた時のしなりも少ないため、力が素直にかけられている気がします。

剛性が高いと言っても、高性能ロードバイクにあるような、剛性の高さに脚が跳ね返されるようなものでもないので、疲れやすいという印象はありません。

タイヤを交換すると乗り味がガラリと変わる


このクロスバイクを純正状態で評価するのなら、街乗り用クロスバイクといったところでしょうか。そして、このバイクを街乗りたらしめているのは、タイヤとチューブ。というわけで、転がり抵抗が少なく、軽量で細いタイヤに交換することで、100kmのサイクリングにも十分対応できるようになります。

image/_wp-content_uploads_2017_07_003.jpg

今回、僕が選んだタイヤはサーファス セカ(28C)。1つ2300円ほどのエントリーモデルになります。チューブはマキシスのウルトラライト。

純正タイヤでは「ゴーゴー」と言いながら進んでいましたが、交換後は音がやや高くなって「コー」という走行音に。また、平坦時を4速で回していましたが、タイヤ交換後は5速とギアが1つ重くなって、でも楽に走れるようになりました。

段差に少々気を使うようにはなりましたが、乗り心地は純正とそう変わらず。なにより、気持ちよく走れるようになったことが大きいです。舗装路を気持ちよく走るにはタイヤ交換は必須と思いました。

ブレーキ交換で疲れ軽減


前述したようにブレーキはPROMAX製を採用しています。つまり、ノーブランド製です。Vブレーキらしい効きのよさはありますが、かかりはじめが急であまりコントロールできません。

そこで前後をクロスバイク用VブレーキとしてはトップグレードのDeore LXに交換。前後で4500円くらいでした。交換後、ピーク時のブレーキの効きはあまり変わりがないように思いましたが、一番の違いはコントロール性の高さ。ブレーキをじんわりとかけることがDeore LXでは可能なのです。

image/_wp-content_uploads_2017_07_000.jpg

街中での微妙な速度コントロールがブレーキでもできるようになり、また急にきついブレーキがかかってしまう恐れがなくなったので、ブレーキのかけやすさが段違いになりました。これにより、ブレーキングで手と腕が疲れることが少なくなったように思います。

ホイール交換はたぶん費用対効果にあわない


このバイクは標準的なクロスバイクと同じく、リア幅が135mmとなっています。そのため、ロードバイク用のリア130mmのホイールは使用できません。シマノハブにアラヤのリムを使用した1万円台後半の完組ホイールはありますが、たぶん交換費用に見合うだけの効果は表れないでしょう。

結局どんな人におすすめなのか



Sirrusはクロスバイクの中でもエントリークラスに属するモデルなので、これはもうスポーツバイク1台めの人が選択肢の中に入れるのが妥当だと思います。ただ、コストパフォーマンスで見てしまうとGiant Escape R3やGIOS Mistralにはかないません。

上記2車種と比べた時の利点は長距離を走っても疲れにくい、というところにあると思います。また、純正では32Cタイヤを履いているので、街中の段差を乗り越えやすく、空気圧さえ適正ならパンク知らずで走れるのもいいですね。

純正状態では12kg超と、どちらかと言えば重い部類に入るバイクですが、タイヤとチューブを変えるだけでだいぶ取り回しがよくなります。こういったカスタマイズのしがいがあるのもSirrusの特徴と言えるでしょう。

ただ、もう少しお金を出せるのなら上位車種のSirrus Sportsにするのをおすすめします。フロントフォークがカーボンになるので、ハンドルを持つ手への衝撃がかなり少なくなります。その他全体的に使っているパーツがワンランク上になるので、価格以上の性能差はあるように感じます。
posted by メガトンメガネ at 02:48| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする