2017年07月22日

サイボクハムまでの片道30kmサイクリング

7月の祝日である海の日にちょっと長めにサイクリングをしてきました。目的地は埼玉県日高市にあるサイボクハム。

image/_wp-content_uploads_2017_07_20170717_105207.jpg

NAVITIMEで調べてみたところ、うちからはだいたい25kmくらいの距離。これはもともとの第1目標だった往復50kmを達成するのにちょうどいいって感じ。

そもそもなんで行くことになったかというと、3連休の前半2日を友人夫婦の家で過ごしていた時に、「明日自転車に乗ってどこか行こうかな」なんて呟いたところ、GAMEバンドの仲間である、たじから「どこか一緒に行きましょう」というお誘いがあり、最終的に目的地が決まったというわけです。

しかし、これまで電車でも行ったことがない埼玉県日高市。たじも土地勘はない場所ということで、お互いにルートを確認しつつ、田無駅で9時に待ち合わせをして、そこから所沢街道をひたすら北上していくルートを選択。

image/_wp-content_uploads_2017_07_001-1.jpg
待ち合わせは田無駅前で。うちからだいたい4kmくらいの距離にあります。

これまで誰かと一緒に走ったことがなかったから、単純に走っているのが楽しくて。気づいたら所沢に到着。本当にあっという間だった。

image/_wp-content_uploads_2017_07_20170717_094457.jpg
途中、一度コンビニに寄って水分補給。

そこから先は道を軽く間違えつつ、ジワジワと暑くなって行く気配を感じながら、10時半過ぎにサイボクハムに到着。一度田無まで行っていたので、自宅からは片道約30kmの距離でした。

サイボクハムっていうくらいだから、なんか牧場っぽいところなのかなと思っていたら想像と全然違くて。なんかちょっとした道の駅みたいな感じでした。駐車場も第5くらいまであって、でも帰る時にはかなり埋まっていたくらい。

image/_wp-content_uploads_2017_07_20170717_104753.jpg

現地では、ハムステーキや焼豚などの詰め合わせをお昼ごはんに、そしてデザートに凍らせたいちごを削って、そこに練乳をたっぷりとかけた「いちごくずし」をいただきました。このいちごくずしがとても美味い。やばい。

image/_wp-content_uploads_2017_07_20170717_110535.jpg
もりもりセット。かなりボリューミー。

image/_wp-content_uploads_2017_07_20170717_114132.jpg
頑張って走った後はこのデザートが元気になってくれるわけですよ。最後の方までまんべんなくおいしい。

帰りは「今年一番の暑さ」「疲れている」ということもあって、少しずつ休憩しながら走りました。と言っても最初の休憩がやはり所沢でしたけど。

image/_wp-content_uploads_2017_07_20170717_120224.jpg
サイクルスタンドを初めて使いました。

そんなこんなで行きは約31km、帰りは約29kmと往復で60kmを達成。これまで一番走ったのが40kmだったので、一気に記録更新となりました。

image/_wp-content_uploads_2017_07_Screenshot_2017-07-22-01-34-57.png
行きはこんな感じ。タイヤを変えた効果で明らかに速度が上がっています。

image/_wp-content_uploads_2017_07_Screenshot_2017-07-22-01-35-09.png
帰りはこんな感じ。トリップ時間が伸びているのは帰りにコメダ珈琲に寄ってお茶してたから。

次はどこを走ろうかな。個人的には三浦半島を走りたいんですよね。自分が生まれ育った土地であり、昔は走っていたんですが、まさかこの歳になって走りたいと思うようになるとは思わなかった。
posted by メガトンメガネ at 01:50| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

タイヤを純正32Cから「サーファス セカ(28C)」に交換した

あまりコンスタントには乗れてませんが、週末の自転車ライフを楽しんでおります。

先週、前後ブレーキをもともと付いていたPROMAXのVブレーキ(たぶん)から、シマノのDEORE LXに交換したばかりなんですが、今週はタイヤとチューブを交換してみました。

image/_wp-content_uploads_2017_07_000.jpg
先週交換したシマノのDEORE LX。

タイヤとチューブを交換しようと思った理由


一言で言えば、変化が欲しかったというところでしょうか。もともと履いていたのはSpecialized純正の「Nimbus Sport Reflect」タイヤと「CITY/URBAN 700」と書かれたチューブで、安定性と耐パンクに対する信頼感はすごい高いんですけど、重くて動作がダルい。

タイヤは32Cサイズで約625g、チューブは計ってみたら154gありました。計っていないですが、ホイールも軽いとは言いがたい重量があるので、この自転車の重さはタイヤとホイールが担っているのではないかと思えるくらいです。

本当はホイールも変えてみたかったのですが、まだ乗り始めてから2ヶ月ですし、そもそもリア幅135mmだと交換できるホイールも限られているので、ホイールはそのままにしておくことにしました。

どのタイヤに交換しようと思ったのか


次に交換用のタイヤを探し始めました。車道を走るとはいえ街乗り重視なので、ある程度パンクにも強いモデルが欲しい。でも今よりも軽いタイヤがよくて、評判のいいやつが欲しい。というわけで候補に上がったのが以下のモデルです。

・コンチネンタル GRANDPRIX 4000 SII
・パナレーサー グラベルキング
・ミシュラン リチオン2
・サーファス セカ

第一候補はコンチネンタルのグランプリ4000SIIだったのですが、1本5000円はいきなりレベルが上がりすぎだと思ったので除外。グラベルキングも4000円台だったので次回以降に。リチオン2はサイズを見たら25Cまでしかなかったので除外。というわけでサーファス セカとなりました。1本だいたい2300円くらいです。

タイヤ幅は28Cで、重量は約330g。チューブはMAXXISのウルトラライトをチョイス。これでタイヤとチューブの重量が約430gほどになりました。もっと軽いタイヤと比べるとこれでも重めですが、今までの約780gに比べたら何だって軽いっしょ。

恐怖のタイヤ交換作業


さて、早速交換です。色々なところでチューブがタイヤのリムに噛んじゃって空気を入れたら破裂、みたいな事象を見聞きしていたので、作業はとても慎重に行われました。

image/_wp-content_uploads_2017_07_001.jpg
まずはタイヤからチューブを引っこ抜きます。

image/_wp-content_uploads_2017_07_002.jpg
リムテープは赤い。いいねいいね。

替えのチューブは用意していなかったので、破裂したら泣きながら池袋のワイズロードまで行っていたところですが、タイヤ交換は無事に終了。

image/_wp-content_uploads_2017_07_003.jpg
交換終了後の「サーファス セカ」と純正タイヤ「NIMBUS SPORT REFLECT」。

実はブレーキをDEORE LXに交換した時に、リアのブレーキ開放時のクリアランスが狭くなっていたのか、リアホイールがそのままでは外せないという事態にもなりましたが、空気を抜いたら無事にフレームから外せました。

タイヤとチューブを替えたらペダルの重さが激変した



本日午前中に試運転を兼ねて片道7kmほどの距離を走ってきました。結論から言うと、通常走行時に使用するギアが1つ重くなったといった感じでした。

普段、ゆったりと走る時は4速を使っているのですが、それが5速になったというわけです。逆に4速だとペダリング時にトルクをかけられなくてスカスカになってしまいました。速度で言えば、22〜23km/hで走っていたのが、25〜26km/hになった、みたいな。

前は25km/hをキープするのは意識をして走る必要がありましたが、タイヤ交換後は気づいたら25km/hで走っている、みたいな。ちょっと気合を入れると6速で30km/hキープ、みたいな。

停止時からの出だしもとにかく軽くなりました。動作が全体的に軽くなってキビキビした感じです。タイヤの特性というよりも軽量になった恩恵でしょうね。ここから先は走り込んでみて、改めてこのサーファス セカというタイヤを評してみたいと思います。

ただ、28Cサイズになったことでタイヤの空気圧が上がっているし、おそらく耐パンク性能も下がっているので、空気圧の管理と段差の走り方は今まで以上に気を使わないといけないですね。

image/_wp-content_uploads_2017_07_004.jpg
走行音が以前は「ゴー」と言っていたのが、「コー」と軽い音に変化しました。あと、砂利の跳ね上げる音が「ピン」と高くなって、ちょっと最初ドキドキした。
posted by メガトンメガネ at 13:20| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

クロスバイクを買って、1ヶ月半でいくら使ったのか

SpecializedのSirrusというクロスバイクを買って、だいたい1ヶ月半くらいが経ちました。自転車は沼だなんだと言うけれど、クロスバイクくらいではどうってことないことを見せてあげますよ。みんなもスポーツバイクを買いましょう。片道30kmを走りましょう。

というわけで1ヶ月半くらいでどれくらいお金を使っているのかをお伝えします。たぶん、そんなにお金がかかるのかよって言う人と、全然使ってないんだねって言う人が極端に分かれる気がします。後者は沼がぬるま湯になってしまった人ですね。

金額についてはきっちりと計算するのが面倒なので、アバウトかつ税抜価格で記載いたします。

まずは車体を買わないと始まらない


Specialized Sirrus
55,000円


image/_wp-content_uploads_2017_05_R0022203.jpg

フロントライトとか鍵とかスタンドとか
5,000円

サイクルコンピュータ
10,000円

image/_wp-content_uploads_2017_06_R0022190.jpg

ボトルケージ×2
2,000円

image/_wp-content_uploads_2017_06_R0022192.jpg

サイクルボトル(サーモス FFQ-600)
3,600円

リアライト(オムニ5)
1,500円

ベルクロ
1,500円

ヘルメット(Specialized EchelonII)
10,000円

image/_wp-content_uploads_2017_06_1496900635766.jpg

輪行袋(モンベル)
5,000円

サドルバッグ(モンベル)
2,000円

携帯ツール
2,000円

チェーン掃除セット
2,000円

サイクルジャージ(パールイズミ トライアド)
6,500円

インナーシャツ(おたふく手袋 ボディータフネス)
1,200円

インナーパンツ(Decoja)
2,000円

Vブレーキ前後(DEORE LX)
4,500円

グリス(シマノ デュラエース)
1,000円

合計114,800円


車体のぶんを引くと59,800円。だいたい車体と同じくらいのお金をここ1ヶ月半で使っていることになりますね。もちろんこれだけで終わるわけではありません。まだスポーツバイクには乗り始めたばかりなのです。

とりあえず次に欲しいのはタイヤですね。いや、ほらタイヤ交換くらいはできるようになっておきたいじゃないですか。いつパンクするかわからないですしね。Continental Grand Prix 4000 S2が欲しいです。
posted by メガトンメガネ at 01:48| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする