2017年05月11日

Specialized Sirrusが納車されました

本当は週末の予定だったんですけどね!お仕事を早めに終われそうだったので、自転車屋さんに電話して受け取ってきちゃいました。そのまま自転車に乗って自宅まで〜(だいたい4kmくらいの距離です)。

image/_wp-content_uploads_2017_05_01-700x394.jpg

さて、このスペシャライズド シラスさん、クロスバイクとしては結構重たい部類に入ります。GIANT Escape R3が10.7kgなのに対して、シラスは12kgくらい?

でも当たり前ですけど、ママチャリに比べたらすごく楽に走る! ペダルを踏むと前に進む、感動。みたいなダイレクト感はありますね。この気持ちよさはいい。現代のロードバイクに乗ったらどんな感じ……いやいや、それはアカン。

あと、ギアが多い。フロント3段、リア8段の計24段! とはいえ、フロントはほとんど変える必要ないんじゃないかなって感じもします。とくに軽い方は軽くなりすぎて逆に危ないまである。クロスバイクに乗ったみんなが「フロント3段はいらねえ」って言うのはこのことだったのね。正直、舗装路では使わなそう。

ハンドルレバーがちょっと幅広になっているのも結構好印象で、ここに手のひらを置けるのは長時間の運転によさそうですね。

image/_wp-content_uploads_2017_05_02-700x394.jpg

まだ4kmしか走っていないので、感想も何もないんですけど風を切って走るのが楽しいですね。あと、こういう自転車で歩道を走るのは辛いことがわかったので、今度からは車道をきちんと走るようにします。

車道を走ってみると、同じように車道を走っている人たちも多くいることが目に入ってきました。きちんと手信号もしている人が多いので、自分も意識をしてみます。また、車道を走るからには信号を守るのも大事ですね。

とりあえずしばらくはこのシラスを快適に運転できるようになるべく、走り込みを続けるのと、いろいろと便利グッズを装着していければと思います!

image/_wp-content_uploads_2017_05_03-700x394.jpg
posted by メガトンメガネ at 23:57| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

Specialized Sirrusを買いました

突然ですがクロスバイクを買いました。スペシャライズドのエントリーモデルクロスバイク「Sirrus」です。

image/_wp-content_uploads_2017_05_sirrus.jpg
Specializedのクロスバイク「Sirrus」

僕のTwitterを見ている人なら、気になるクロスバイクだのロードバイクだの、自転車のことばかり呟いていて、しかも迷走しているのが目に見えていたかと思われます。

しかし、もう買いましたので迷いません! あ、まだ手元にはなくて週末に受け取りに行ってきます。

とはいえ、なぜスペシャライズドのSirrusなのか。コーダーブルームのRail700を買うんじゃなかったのか。

Rail700と比べると車重は2kgくらい重いし、フロントディレイラーはTourneyだし、タイヤ幅も32Cだし……。

Sirrusを選んだ理由はいくつかありますが、一番大きかったのはロゴとボディーカラーが格好良かったから。もともとスペシャライズドっていうロゴは格好いいなと思っていたんですよねー。実車を見たらピキーンと来ましたね。お店にはライムイエローとシルバーの2種類があったんですが、ライムイエローに即決でしたわ。

あと、実際にお店で軽く試乗をさせてもらって、好印象だったというのもあります。同じく乗せてもらったGIANT Escape R3も悪くはなかったんですが、どこに行っても乗っている人を見かけるし……。一方、スペシャライズドは街中であまり見ないし、乗っている人のブログ記事とかも全然ない。

というわけで、今週末以降のこのブログはSirrus日記(週記or月記)になると思います。さて、何の周辺機器を買おうかな。
posted by メガトンメガネ at 22:28| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

カメラと自転車は沼の形が似ている

最初はみんな「そんなにハマらないから入門機で十分」なんてことを言う。

確かに入門機で十分な使い方をする人もいるけど、撮ることだけじゃなくて、所有することにも喜びを見出してしまう人は大変。

APS-Cのエントリーモデルを持っていたはずなのに、いつのまにかミドルレンジモデルに変化している。例えば、Canon EOS Kiss X7(6万コース)を買ってフラフラしているうちに、Canon EOS 7D MarkII(15万コース)に変わっていたり。その先に行くとフルサイズ(30万コース)、そして中判(100万コース)へとステップアップする。

自転車で言えば、クロスバイクを買ったけど使っているうちにロードバイクに興味を持って、20万円くらいの完成車を買ってしまう、みたいな。でもずっと7D MarkII(ロードバイク)だと重いんで、フラッと軽く撮りたいって時はEOS Kiss(クロスバイク)を持ち出すこともある。

さらに取り回しが便利な単焦点コンデジは、ミニベロかフォールディングバイクってところだろうか。

カメラのボディが自転車のフレームで、レンズがホイール、タイヤ、コンポーネント類にあたるのかな。カメラも自転車も、機材だけではうまく撮れないor走れないってのも似てるね。機材がいいと基本的に楽になるし、目標とするレベルへのアプローチをしやすくなるのも近い。

街中を歩いていると目に入る自転車がどこのメーカーのものなのか気になるところも、カメラにそっくりなのである。あと、使うためには基本的に外に出ないといけない、というのも似ていると思わない?

そしてカメラと自転車、どちらがお金がかかりそうかというと、これはもうどっちもどっちなんだけど、盗難の危険や身の回りの環境も整えないといけないという点で自転車かなぁ。

ちなみに僕は息子と一緒に走るという大義名分があるので、最初はロードバイクではなくクロスバイクのエントリーモデルにしますよ! でも最近は自転車メーカーの種類もわかってきたので、ロードバイクも気になる。

あと、カメラ持って自転車に乗って撮りにいきたい。夢が広がりんぐ。
posted by メガトンメガネ at 00:38| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする