2017年04月20日

Playseお疲れ様、そしてありがとう

4月8日〜9日、東京・浅草にてソウルキャリバーV(SCV)とDEAD OR ALIVE 5 Last Round(DOA5LR)の合同大会「Playse#5」が開催されました。僕は今回も本大会にて撮影をさせていただきました。

遅くなりましたが、Playse#5の写真は僕のFlickrにアップしてありますので、ご覧ください。

Playse#5

どんなことを書こうかなあというのはPlayseが終わってからずっと考えていて、大会選手として参加した2012年11月のSTRIKEから振り返って書こうかなとかも思っていたんだけど、まずは簡潔に運営チームに感謝の意を表したいと思います。

これまで大会を開催・運営していただいてありがとうございました。僕も選手として、そして撮影班としてすべての大会に参加させていただいたことを本当にありがたく思っています。そしてお疲れ様でした。

選手としても出るか迷っていた今回のPlayse



撮影だけにしようか、選手としても出ようか、ギリギリまで迷った今回のPlayse。とりあえずSCVで斡旋登録をしていたら、DOA5LRでもチームのお誘いがあったので、最後まで撮影班兼選手で参加することができました。

image/_wp-content_uploads_2017_04_IMGP3901s-700x464.jpg

そういえば今日の朝に思ったのですが、全てのPlayseでSCVとDOAの両部門で選手として出たのって、僕だけなんですよ。特に今回はSCVとDOAの両方に出ている人が少なかったですしね。最後ということもあって、それぞれのプレイヤーが自分のメインタイトルに集中していたのでしょう。

そんな自分の戦績ですが、SCVで0勝3敗、DOA5LRで1勝3敗でした。

戦いを振り返って


SCVはクリティカルエッジを決める場面で技が出なかったりして、かなりボロボロ。初戦はわたろうくんのラファエルだったわけですが、ラファエルとか2年ぶりくらいに戦ったわ……。

image/_wp-content_uploads_2017_04_IMGP3935s-700x464.jpg

DOAはこれまた今年初めて戦う紅葉(りべりおんさん)が初戦で、気づいたら負けてました。次戦のかやさんのティナには運良く勝てましたが、次に登場したチャコスタさんに負け。3戦目のほむらさんには前回のPlayseで勝っていましたが、今回はリベンジをされてしまいました。

というわけで、最後のPlayseはどちらも予選リーグ敗退で終了。実力で言えば順当とでも言いましょうか……。周りの人のように負けて悔しがるところまで実力も練習も足りなかったですね。

そして、どちらのチームでも集合写真を撮り忘れてしまったという……。まぁ、心には残っていますよ、うん。

SCVで一緒のチームを組んでくれたあにむすさん、大将、まゆぷん、スリくん、ありがとう。(現時点で)最後のPlayseにふさわしく禍々しいチームができました。まゆぷんがマジ昔よりも強くなっててびっくりだぜ。

DOA5LRでチームに誘ってくれたデメクンさん、そーすけさん、雪華さん、いるむらさん、ありがとうございました。戦っている最中の声援でがんばれた感じがします。そういや、SCVでもDOAでもメンバーに女子がいるな……!

image/_wp-content_uploads_2017_04_IMGP4066s-700x464.jpg

Playseとしてはとりあえず無期限休止なのですが、どちらのタイトルもまだ熱は冷めきっていないと感じています。DOAはまたDOAfesがあるでしょうし(あるよね?)、SCVもタイトル自体の展開は厳しいですが、まだまだイベントは行われていくでしょう。

どちらのコミュニティにも接している者の1人として、両タイトルのプレイヤーの橋渡しができたらいいな、と思います。

Playse#5
綺麗どころと写真をこっそり撮らせてもらいました!
ラベル:DOA5LR Playse SCV
posted by メガトンメガネ at 00:09| Comment(0) | 格ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

安いSteamの名作を動かしたいならグラボはGeForce GTX1050で決まり

グラボを買いました。10月に発表されたエントリーゲーミングPC用グラボ「GeForce GTX1050」です。

[caption id="attachment_423" align="aligncenter" width="680"]「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB Mini」秋葉原のドスパラパーツ館で15,000円で購入。 「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB Mini」秋葉原のドスパラパーツ館で15,000円で購入。[/caption]

このグラボ、秋葉原のドスパラパーツ館の店頭で税込15,000円だったんですが、最新のエントリーモデルのグラボってこんなにすごいのかと思わされましたよ。

内蔵GPUではやっぱり3Dゲームはきつかった


実はこのグラボ、嫁のPCに搭載する用に買ったんです。今までAMDのA8-7600に搭載されている内蔵グラフィック機能を使って「Titan Quest」などをたまにやっていたんですが、ちょっとMMORPGをやりたくなったみたいで。しかもバリバリ戦うやつじゃなくて、生産が楽しいやつをやりたいということで、最初は「黒い砂漠」にチャレンジしていました。しかし、あまりにもスペック不足で起動すらしない。

[caption id="attachment_424" align="aligncenter" width="680"]背面にはDVI-I、Displayport、HDMIの3つがついています。 背面にはDVI-I、Displayport、HDMIの3つがついています。[/caption]

次に「アーキエイジ」をインストールして、そっちはうまく起動したんですが、どうにもカクカクだし、頻繁にクライアントが落ちる。それでも本人は満足そうではありましたが、見ているこっちがイライラする(笑)。というわけで、本人にはグラボをそのうち買おうか、って伝えておきましたが、伝えたその日に僕が買ってきました。

でもせっかく買ったんだから、今使っている「GeForce GTX760」と比べてどれくらいの性能差があるのか、試してみることにしました。グラボのベンチを比較用に取っていると、昔やっていた自作パソコン雑誌の編集時代を思い出します。

[caption id="attachment_425" align="aligncenter" width="680"]GTX760とGTX1050を比べると、GTX1050のコンパクトさがよりわかると思います。しかも外部電源がいらない! GTX760とGTX1050を比べると、GTX1050のコンパクトさがよりわかると思います。しかも外部電源がいらない![/caption]

その前に自宅PCのスペックですが、以下のようになっております。

CPU:Intel Core i5-4690
メモリ:8GB
GPU:GeForce GTX760(メモリ2GB)

2世代前のミドルレンジが負ける


このスペックで取った新生FF14のイシュガルドベンチの数値は、1920×1080ドット&最高画質で6260。とても快適という結果になっています。まぁ実際に快適にプレイしていましたよ。

004

次にグラボを差し替えて、GTX1050で取ったベンチの数値は、なんと6992! 3年前(実際は2014年1月に買ったから2年と11ヶ月前)に27,000円くらいで買ったGTX760よりも、15,000円で買ったGTX1050のほうがスコアが1割以上もいいんです!

005

この結果にはなかなかガツンときました。予想ではいい勝負かちょっと及ばないくらいだろうと見ていたからです。そうか〜、今のエントリーモデルのスペックはここまで来ているのかと。

2014〜5年の3Dゲームだったらほぼ快適に動くレベル


僕は現時点でGTX760を使ってSteamのゲームをプレイしていますが、500〜2000円くらいまでの値引きで売られているゲームに関しては高画質設定で問題なく遊べています。ということは、家にデスクトップPCがあってPCでゲームを遊んでみたいなって人は、このGTX1050を買えばなんとかなってしまうのです。

PC一式から揃えるとまだ家庭用ゲーム機のコストパフォーマンスには負けますが、手軽にPCゲームを楽しんでみたい人にはベストバイのグラボであると思いました。いや、本当にこのグラボがあればたいていのゲームは動きますよ。

ちなみに嫁のPCにGTX1050を乗せた状態と同条件(1280×720、DirectX9、最高画質)で比較をしてみました。

[caption id="attachment_428" align="aligncenter" width="680"]こちらがCore i5-4690&GTX760のもの。スコアは13069。 こちらがCore i5-4690&GTX760のもの。スコアは13069。[/caption]

[caption id="attachment_430" align="aligncenter" width="680"]こちらはA8-7600&GTX1050のもの。スコアは8289。 こちらはA8-7600&GTX1050のもの。スコアは8289。[/caption]

さすがにCPUの差が思いっきり出ましたね。まぁ購入当時でもCore i5-4690とA8-7600では2倍以上の価格差がありましたから。
posted by メガトンメガネ at 00:47| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

1000円で充実の物語を味わえるRPG『Undertale』

僕が2016年にプレイしたRPGの中で、ペルソナ5に並ぶと言えるほど楽しめたタイトル。それが1000円で買える『Undertale』だ。

001

なお、この記事を書いている最中はオータムセール中であり、11月30日の午前5時くらいまでは1000円どころではなく500円で購入できる。

002



『Undertale』は、アメリカのゲーム作曲家であるToby Fox氏が開発したRPGで、2015年9月に発売された。本作のゲーム中の言語は英語であり、現在も日本語には対応していない。しかし、有志による非公式パッチがアップロードされているので、日本語でも遊ぶことができる。なお、本記事は非公式日本語化パッチを適用したバージョンをもとに書いています。

非公式日本語化パッチのサイトはこちら

それでは『Undertale』がなぜ僕を魅了したのか、まだこの素晴らしいタイトルをプレイしていない人に向けて、紹介していこう。

002

地下世界で紡がれる、ちょっと奇妙で愛(love)にあふれる物語



本作の主人公は、ひょんなことからモンスターが住んでいる地底世界に落ちてしまった人間の子供。ゲームは、この子供を操作して地底に住むモンスターたちと交流し、時には戦いながら、人間世界へと脱出することが目的となる。

003

004

お花畑の上で目覚める人間の子供。これがプレイヤーの操る主人公だ。
お花畑の上で目覚める人間の子供。これがプレイヤーの操る主人公だ。

と、あらすじだけを書くと普通のRPGのように思える。しかし、本作のキーワードは愛(love)である。本作に登場するキャラクターは、主人公を除けば、姿形はすべてモンスターだ。ただ、初めから主人公に対して敵意を持って接してくるキャラクターは少ない。

基本的にみんな奇妙で、楽しくて、そして優しい。

006
気弱で過剰なまでの気づかいを見せる幽霊のNapstablook。でも幽霊だから攻撃は通じない。

雪に覆われた街・SNOWDINではクリスマスにあわせてサンタからのプレゼントであふれている。
雪に覆われた街・SNOWDINではクリスマスにあわせてサンタからのプレゼントであふれている。

ゲーム画面を見ればなんとなくわかるかもしれないが、作者は『MOTHER』シリーズの大ファンであり、その影響は『Undertale』にも表れている。街中のキャラクターたちのセリフにしても、どこか糸井重里っぽさを感じずにはいられない(これは日本語訳をした有志たちがそう捉えたのかもしれないけど)。

前向きな地底世界の住人たち。
前向きな地底世界の住人たち。

本作はSFC時代にRPGをたくさんプレイしていて、古き良きウィンドウ型のコマンド式RPGが好きな人たちには特におすすめのRPGである。

プレイ開始30分で訪れる衝撃


エボット山の山頂から地底世界に落ちてしまった主人公は、奇妙な喋る花のFloweyにこの世界での生き方を教えてもらった後、母性の塊のようなヤギ型モンスターのTorielと出会う。

009

Floweyの次に出会うモンスター、Toriel。完全にママ。
Floweyの次に出会うモンスター、Toriel。完全にママ。

主人公を我が子として手を引き、この世界での過ごし方を懇切丁寧に教えてくれるToriel。自宅で編み物をしながら夜には大好きなバタースコッチパイを作ってくれるToriel。そして主人公を優しく諭しつつ、この世界についてはぐらかして教えてくれないToriel。


Torielはいつも主人公のことを思って、守ってくれる。

いきなり直球で聞くことも可能だ。
いきなり直球で聞くことも可能だ。

画面内にあるいろんなオブジェを調べて、そのテキストを読むのも楽しみの1つ。
画面内にあるいろんなオブジェを調べて、そのテキストを読むのも楽しみの1つ。

そして主人公が見るものは。

014

Torielと別れた後も地底世界での主人公の冒険は続く。人間が来ないように見張りを続けるSansとPapyrusというスケルトンの兄弟、地底世界の防衛隊長を務めるUndyne、地底世界の科学者であるAlphys、そして地底世界の王であるAsgore。

道中で出会うSansとPapyrusのスケルトン兄弟。敵という立場にある彼らだが、とても愛嬌のある性格をしている。
道中で出会うSansとPapyrusのスケルトン兄弟。敵という立場にある彼らだが、とても愛嬌のある性格をしている。

皆それぞれ自らの意志の元に行動している。しかし、邪悪な者はおらず気のいい連中ばかりである。時として主人公の前に立ちはだかる彼らを倒すかどうか、それはプレイヤーに委ねられている。

見慣れない戦闘コマンド「mercy」


本作の戦闘は相手からの攻撃が弾幕STGのような形で表示される。ハートマークを自機として、相手が繰り出す弾や地形に当たってしまうとHPが減る。戦闘では攻撃をしなければいけないわけではなく、弾をかわしてやり過ごすことも可能だ。

画面中央の四角の中にあるハートマークが主人公。白い欠片に当たるとHPが減ってしまう。
画面中央の四角の中にあるハートマークが主人公。白い欠片に当たるとHPが減ってしまう。

本作の特徴の1つとして「mercy」(慈悲)がある。相手に慈悲を与えて、逃がすことができるのだ。このmercyができる状況はいくつかあって、相手にある程度のダメージを与えたり、相手ごとに決められたやり取りをした際にmercyすることができる。

017

018

mercyをすると経験値(EXP)をもらえないが、お金をもらうことはできる。EXPがもらえないので、LV(LOVE)はあがらない。相手を倒してEXPを稼ぐのもいいし、倒さずに見逃してもいい。LVが上がっていないとボス戦で苦労をするので、本来ならば倒したほうがいいんでしょうな。

なるべくなら前情報を入れずにプレイしてもらいたい



ここまで読んで、ゲームの内容がよくわからんとモヤモヤしている人もいるかもしれない。この記事の目的は、できるだけ物語の内容には触れずに、少しでも『Undertale』に興味を持ってくれる人を増やすことにある。

019

020

面白い部分や気に入っているシーンを紹介しようとすると自然とネタバレになってしまうという、ある種のジレンマを感じながら本記事を書いている。

できることなら自分の記憶を消してもう一度プレイしたい。『シュタインズ・ゲート』や『カオスチャイルド』などで自分が得られたような、心地よい読後感を体験できるのがこの『Undertale』であると言っても過言ではない。

そんなに時間がかかるゲームではないので、1回目のエンディングにたどり着くにはおそらく5〜7時間もあれば十分なはずだ。ちなみにそのエンディングでは……おっとこれ以上は言えない。それでもあえて言うのであれば、これまでのRPGで体験したことのない衝撃があなたを襲うことだろう。





強くおすすめするのはサントラ付きパック。101曲も入っている上にどの曲もハズレなし! 8bit Music全般かと思いきや、リアル楽器系音源も巧みに融合されていて、メロディーごとの曲の広がりがハンパない。
posted by メガトンメガネ at 01:11| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする